特集

インタビューインタビュー

お気に入りに追加

城主となった娘を支えていきます 千賀/祐椿尼(ゆうちんに)役・財前直見さん

母としての覚悟

直虎がまだおとわと呼ばれていた頃から今に至るまで、我が子への愛情は何も変わっていません。母親ですから、いくつになっても変わることがないですね。
直親と結ばれることを諦めたことはおとわにとって、とても大きな心の動きでした。直親よりも井伊家を選んだのですから。そんな芯の強さは、母として支えてあげなくてはいけないと感じさせられました。一番大事なことはいつも直虎と共通している。その点を大切にしながら演じています。

直虎の性格がよく表れていたエピソードとして、幼いころに髪を切ってしまう場面がありましたが、実際に龍潭寺には「父と母がどれだけ嘆いたか」と書かれた一文が残されているんですよ。以前うかがった際に拝見したのですが、よほどショックだったのだろうなと推察できました。
そんな出来事もあり、祐椿尼は本人が覚悟を決めたら、親としては認めてやるしかないと常に娘を見守ってきたのではないかと思います。いつ何時、どんなことを言い出しても覚悟はありますよ、と…。直虎と名乗って城主になると決めたときも同じ。南渓和尚と相談して決めたこととはいえ、自分の娘はただ者じゃないと感じている気はしますね。

祐椿尼が見せた親の姿

直虎が城主になるまでに、井伊家の男たちは今川の策略などでいなくなってしまいます。祐椿尼の夫・直盛さんも突然帰らぬ人に。無言の帰宅をした殿との別れは、とてつもない悲しみを感じたのと同時に、すごく良いシーンだと思いました。
言葉では言い表せないほどの悲しみをグッとこらえながら「おひげを整えましょうね」と語りかけるのですが、殿を尊重し、たたえてあげる気持ちがセリフに表れていたように思います。

最も頼りにしていた夫の死に直面し、その悲しみも癒えないうちに、祐椿尼は家族を亡くした井伊の人々すべてに手紙を書きます。それは、とても大切なシーンでした。井伊のために働いてくださった人を尊重し、いたわる気持ち。母として、そして井伊を守る者として、民を思う心を娘に伝えなくてはいけないと感じていたのではないでしょうか。その上で、父を亡くした娘の気持ちにも寄り添っている。母としてのしつけと愛情の両方が見えるシーンだったと思っています。

城主の奥方からサポート役へ

これまでで特に印象的だったのは、娘が「われが井伊直虎である」と名乗った場面です。祐椿尼は、直虎に掛けを羽織らせるのですが、そのときに着ていた小袖はおとわと亀之丞が夫婦(めおと)約束をした際に用意していたものでした。それが当主になるための着物になったのですから、日の目を見たという気持ちと、女性なのに男性の名を名乗ることになったことへの複雑な思い。そして少しの寂しさを感じましたね。同時に、娘の成人式を迎えたような気持ちにもなりました。国の大事な人になるのですから、井伊と結婚したという方が近いのかもしれません。そう考えると結婚式の方がふさわしいのかな。

母親ですからどこかで平穏無事でいて欲しいという気持ちはあります。だけど、決めたことはブレずにやり抜いていくのが直虎の素晴らしさなので、城主になってからはずっと補佐的な立場で娘を支え続けていきます。徳政令の問題で直虎が批判されたときも、しのさんたちに自分の化粧料も渡し、橋渡し役にまわりました。城主の奥方から、直虎の行動をサポートしていく役割に変わっていっているのだと思います。