特集

歴史解説歴史解説

お気に入りに追加

ドラマがわかるミニ解説 「桶狭間」

大軍勢を率いた今川義元を織田信長がわずかな兵で討ち取ったことで知られる桶狭間の戦い。今川家に従い出陣した井伊家も織田軍の奇襲の前にあえなく当主の直盛以下、重臣たちが討ち死にとなりました。今川軍惨敗の理由として挙げられていたのが、“天才的軍略家・信長”対“公家かぶれの軟弱な義元”という構図でした。塗り輿(ぬりこし)で出陣した義元を、おごり以外の何者でもないという断罪の仕方です。しかし、最近はまったく違う解釈が出され始めました。

その一つが、義元が塗り輿で出陣したのは、ある種の「軍事パレード」だったというとらえ方です。このころ、甲斐の武田、駿河の今川、相模の北条は「甲・相・駿(こうそうすん)」の三国同盟を結んでいました。それによってそれぞれが一方向へ目を向けることができるようになったのです。諏訪湖中心だった甲斐の武田家は信州一国、さらには越後まで狙えるようになり、相模の北条家も上野国(こうずけのくに)など北に向かうことができるようになりました。今川家もまた後顧の憂いなく西進することができるようになったのです。桶狭間合戦当時、今川家はほぼ三河を手中にしていたとはいえ、いまだに今川に反発する動きも起きていました。今川義元は、尾張と三河の国の境にある地域の安定化も含めて自ら出陣したと考えられます。

塗り輿は、室町幕府から許可された数少ないエリートしか乗ることができないものでした。それに乗って義元自ら出陣することが、三河、尾張の平定に効果的だったのです。駿河と三河の真ん中にある遠江の井伊家は、主家の今川家の西進にあたって軍勢を出すだけでなく、兵站基地としての役割や道路整備などの数々の負担を強いられました。直盛の苦悩は計り知れないものがあったものの、敗戦は予期できるものではありませんでした。最終的に信長の奇襲に敗れた義元。井伊家も多大な犠牲を強いられた不幸な戦が、桶狭間の戦いでした。