登場人物

松下常慶(まつした じょうけい) (和田正人)

松下常慶まつした じょうけい(和田正人)

お気に入りに追加
松下常慶(まつした じょうけい) (和田正人)

秋葉山の札売りをする山伏で、諸国を行脚しながら情報を収集。徳川家の間者のような働きをしながら井伊谷・龍潭寺にも出入りし貴重な情報をもたらす。井伊家と徳川家の絆を強めるため、兄・源太郎の後添えにしのを迎えたいと直虎に願い出て、これを実現させる。

もどる