ういちゅ~は中部7県の“楽しい週末”をご案内します! !

ういちゅー川柳 川柳作品募集中!

パパっと簡単!週末ごはん

番組で放送した情報

6月25日

温泉街にユニーク“新交通”

北陸有数の温泉街、富山県黒部市の宇奈月温泉。北陸新幹線の開業でにぎわいを取り戻しつつある中、訪れた人の目を引くユニークな乗り物の運行が、この春から本格的に始まりました。環境に優しく、無料で乗車できるというこの乗り物、温泉街にどんな魅力や楽しみをもたらしたのか、リポートで伝えます。


T.M.Revolutionが能登の玄関口へ!
~石川 羽咋~

ことしデビュー20周年を迎えたミュージシャン、T.M.Revolutionこと西川貴教さんが、人生で初めて能登を旅します。訪れたのは、能登の玄関口、羽咋市。砂浜を車で走ることができる「千里浜」や、宇宙好きという西川さんが大興奮の宇宙科学博物館などを楽しみながら、羽咋市の魅力を伝えていきます。

旅人:T.M.Revolution 西川貴教さん
   早坂隆信アナウンサー(金沢放送局)



【問い合わせ先】

〈千里浜なぎさドライブウェイ&砂像について〉

●羽咋市役所 商工観光課

【住所】石川県羽咋市旭町ア200

【電話】0767-22-1118

【FAX】0767-22-7195

【mail】post@city.hakui.lg.jp


(砂像について)

◎ドライブウェイの終点、千里浜レストハウスの駐車場内にあります。


〈コスモアイル羽咋について〉

●宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋

【住所】石川県羽咋市鶴多町免田25

【電話】0767-22-9888

【FAX】0767-22-1947


【行き方】

●千里浜なぎさドライブウェイ
…羽咋市千里浜町〜宝達志水町今浜(約8km)


<公共交通機関>

金沢駅から→JR七尾線・七尾行き(約1時間)

羽咋駅より車で約5分、徒歩で約20分(千里浜終点付近)


<自動車>

◇ 関西方面から/北陸自動車道→金沢森本IC下車→山側環状道路(能登・七尾方面)→白尾IC→のと里山海道→今浜IC下車

◇ 能登方面から/のと里山海道 千里浜IC下車


●コスモアイル羽咋…羽咋市鶴多町免田25

金沢駅から→JR七尾線・七尾行き乗車(約1時間)

羽咋駅東口より徒歩8分

紹介した花
『デルフィニウム』



【問い合わせ先】

名港フラワーブリッジ

【電話】052-747-8701


中部おでかけ情報

愛知 氷の彫刻コンクール(名古屋市)28日(火)

〈場所〉万松寺通商店街アーケード

  • ホテルのシェフなど15人が、のこぎりやカンナなどを使って氷の彫刻を作る。
  • 夕方5時からスタートして制限時間は1時間。
  • 《問い合わせ先》万松寺通商店街振興組合 052-261-7944
岐阜 露天風呂の日(高山市)26日(日)

〈場所〉奥飛騨温泉郷

  • 6月26日は語呂合わせで「露天風呂の日」。
  • 100箇所以上ある露天風呂のうち、5か所の露天風呂が無料開放される。
    1か所は混浴。
  • スタンプラリーに参加し、5か所の露天風呂を回ると記念品がもらえる。
  • 《問い合わせ先》奥飛騨温泉郷観光協会 0578-89-2614
三重 夏越の大祓(鈴鹿市)30日(木)

〈場所〉椿大神社

  • 草で編んだ“茅の輪”と呼ばれる輪をくぐる神事。
  • 茅の輪を3回くぐると半年間の怪我や災いを清めることができるという。
  • 《問い合わせ先》椿大神社 059-371-1515
静岡 あじさいまつり(森町)7月3日(日)まで

〈場所〉実谷山 極楽寺

  • 「あじさい寺」として親しまれ、庭園に約1万3000株のあじさいが植えられている。
  • 6月下旬~7月上旬は遅咲きの品種が見ごろ。
  • 《問い合わせ先》実谷山 極楽寺 0538-89-7407
富山 一つやいと(高岡市)7月1日(金)

〈場所〉瑞龍寺

  • 「やいと」とはおきゅうのこと。
  • 国宝「瑞龍寺」で参拝に訪れた人々が僧侶からおきゅうを据えてもらい、一年の無病息災を願う。料金:500円。朝5時から夕方4時まで。
  • 《問い合わせ先》瑞龍寺 0766-22-0179
石川 氷室開き(金沢市)30日(木)

〈場所〉湯涌温泉

  • 氷室とは天然の雪氷を貯蔵しておく小屋のこと。
  • 江戸時代、加賀藩が氷室の雪を夏に徳川家へ献上していたことにならい、氷室の雪を取り出して近くの寺に奉納する。
  • 《問い合わせ先》湯涌温泉観光協会 076-235-1040
福井 すり鉢くぐり(小浜市)7月1日(金)

〈場所〉法雲寺

  • すり鉢を逆さにしてもぐさをたき、その下をくぐって無病息災を願う。
  • 江戸時代から伝わる伝統行事。
  • 1日の朝5時~午前11時30分まで。

ページのトップへ