これまでの放送

7月29日

ヨーロッパで注目! 越前和紙

1500年の歴史をもつ「越前和紙」が、絵画など文化財の修復に必要な素材として、ヨーロッパで注目されています。ルーブル美術館で使われている他、欧州各国でその活用が検討されているといいます。そんな中、ポーランドで使い始めたのがヨアンナ・ココッチさん。ポーランドの国立博物館で文化財修復を担当しています。去年研究の一環で越前市を訪れ、その品質の高さに魅了されました。そして、越前和紙を自国に持ち帰り、びょうぶや絵画などの修復に使うようになりました。さらに、自国で本物の和紙の魅力を広めたいと、和紙の販売会社を立ち上げました。「和紙の産地・福井と欧州の懸け橋になりたい」と話す女性の思いを通して、欧州での越前和紙の広がりを伝えます。


【問い合わせ】

▼福井県和紙工業協同組合

【住所】〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内

【電話】0778-43-0875

【FAX】0778-43-1142

【営業時間】8:00~17:00

【定休日】土・日・祝日・年末年始

鳳来寺山 伝説をたどる ~愛知県新城市~

愛知県新城市の東部、静岡県との県境に近い鳳来寺山(標高695m)。この山はおよそ1300年前、利修(りしゅう)仙人が開いたとされ、利修仙人が発見した温泉や修行の拠点、仙人が従えていた鬼の骨などが残るといいます。300年以上生き、空を飛んだという利修仙人の伝説や、「仏法僧(ぶっぽうそう)」と鳴く霊鳥を探しながら、鳳来寺山の魅力を描いていきます。

旅人:舘谷キャスター(名古屋放送局)


【問い合わせ】

<鳳来寺山への行き方>

新東名高速 新城ICを下りて、車で15~20分

JR飯田線、本長篠駅よりバス。「本長篠駅前」バス停から
「田口行き(鳳来寺経由)」に乗り、「鳳来寺」下車


<紹介した場所>

●鳳来寺

【住所】〒441-1944 愛知県新城市門谷字鳳来寺1

【電話】0536-35-1004


●コノハズクについて尋ねた、参道のお食事処

「かさすぎ」

【住所】〒441-1944 愛知県新城市門谷字下浦45

【電話】0536-35-0955


●参道の五平餅店

「おかめ茶屋」

【住所】 〒441-1300 愛知県新城市門谷木戸1

【電話】0536-35-0571


●足湯

「利修仙人の足湯」

【住所】〒441-1631 愛知県新城市豊岡地蔵元6

【電話】新城市役所観光課 0536-32-1985

お出かけ情報

愛知 第62回おりもの感謝祭一宮七夕まつり(一宮市)
7月27日(木)~30日(日)

〈場所〉本町商店街

  • 繊維の町で織姫にちなんで織物への感謝を示す祭り。
  • 地元の小中学生が作った飾りや、高さ約8メートルの七夕飾りなど約1800本がある。
  • 《問い合わせ先》一宮七夕まつり協進会事務局 0586-28-9131
三重 みんなののりもの大集合~この夏、三重をのりつくそう~
(津市)7月8日(土)~9月18日(月)

〈場所〉三重県総合博物館

  • 日本の乗り物の歴史を始まりから最先端まで見ることができる。
  • 県内の工業高校生が作ったミニ電気機関車の乗車コーナーや鉄道の巨大ジオラマなどがある。
  • 《問い合わせ先》三重県総合博物館 059-228-2283
富山 高岡七夕まつり(高岡市)8月1日(火)~7日(月)

〈場所〉高岡市中心市街地ほか

  • 大小さまざまな七夕飾りが飾られる。
  • オリジナルの星型短冊に願い事を書くコーナーが3か所設けられている。
  • 《問い合わせ先》高岡七夕まつり実行委員会 0766-20-0555
福井 箸まつり(小浜市)8月4日(木)

〈場所〉箸のふるさと館WAKASA

  • 小浜市は家庭で広く使われている塗り箸の生産が日本一。
  • 語呂合わせで8月4日を「はしの日」として毎年箸まつりを行っている。
  • 古くなった箸を供養する神事が行われるほか、約3000種類の箸が通常の半額程度で販売される。
  • 塗り箸を研いで模様を浮かび上がらせる「箸研ぎ」が無料で体験できる。
  • 《問い合わせ先》箸のふるさと館WAKASA 0770-53-1111
岐阜 全国選抜長良川中日花火大会(岐阜市)7月29日(土)

〈場所〉長良川河畔

  • 全国各地からよりすぐりの花火職人が集まる。
  • 花火のコンクールが行われ、来場者はネット投票ができる。
  • 《問い合わせ先》中日新聞社地域事業部 052-221-0671
静岡 掛川納涼まつり(掛川市)7月29日(土)30日(日)

〈場所〉掛川駅北中心市街地

  • 商店街周辺に金魚すくいや縁台将棋などが楽しめる。
  • 盆踊りやバンド演奏、フリーマーケットなどのイベントも行われる。
  • 《問い合わせ先》掛川観光協会 0537-24-8711
石川 向田の火祭(七尾市)7月29日(土)

〈場所〉向田崎山広場

  • およそ200年前から続く祭り。
  • 高さ約30メートルの巨大なたいまつの倒れる方向でその年の運勢を占う。
  • 《問い合わせ先》七尾市観光協会 0767-53-8424
前の情報を見る 一覧へ戻る 次の情報を見る

ページのトップへ