これまでの放送

7月8日

難病と闘いながら絵画を描く

長年難病を患う男性が描いた絵画の展示会が岐阜市の喫茶店で行われています。全身がしだいに動かなくなる筋ジストロフィーを患い、40年以上闘病を続けている54歳の男性の作品です。絵は、わずかに動く指の付け根を使ってパソコンで描いたもので、男性自身が思いついた手法です。病気と闘いながら、絵を描き続けることで前向きに生きようとする姿を伝えます。


【問い合わせ】

▼作品の展示場所

敷島珈琲店・本店

【電話】058-216-0557


ペット医療 新たな取り組み

今、ペットの高齢化が進んでいることなどから、ペット医療の現場で課題が出てきています。地域の動物病院にさまざまな症状のペットが持ち込まれ、獣医師たちがこれまでの知識で対応しきれないことが多くなってきているのです。こうした課題を解決しようと去年名古屋市に、地域の動物病院を支援する組織が立ち上がりました。内科、外科、眼科、免疫科、神経科、腫瘍科など、専門知識をもった医師10人からなる組織で、地域の動物病院で診断が難しい場合、メールなどを通して遠隔で相談に応じ、治療のアドバイスを行います。地域のペット医療に関して始まった、新しい取り組みを伝えます。



【問い合わせ】

名古屋ベテリナリーコンサルテーション(NVC)について

【住所】〒455-0003 愛知県名古屋市港区辰巳町4-5

【電話】052-387-7015

※相談・診察は地域のかかりつけ医からの紹介が必要です。


ういちゅ~ダンス

健康や美容に良いとされる動きを取り入れたダンスを紹介するコーナー。今回は、二の腕を細くする効果が期待できるダンスをおとどけします。



【問い合わせ】

▼振り付けをした先生がレッスンをしているスタジオ(撮影場所)

STUDIO PRANA(スタジオ・プラーナ)

【住所】名古屋市中川区昭和橋通り5-40-2

【電話】052-351-8686

【メールアドレス】studioprana758@gmail.com

紹介した花
『小菊』



○愛知県 農林水産部 園芸農産課 花きグループ

【電話】052-954-6419(平日9時~17時)

お出かけ情報

愛知 にっしんわいわいフェスティバル(日進市)7月8日(土)

〈場所〉日進市民会館・日進市スポーツセンター

  • 地元の人々がそれぞれの想いを広く伝え交流を深めることを目指した催し。
  • 約100のブースが出展されるほか、市民による音楽祭や地元の食材を使ったフードコートなどもある。
  • 《問い合わせ先》市民協働課 0561-73-3194
三重 相差(おうさつ)天王くじら祭(鳥羽市)7月14日(金)

〈場所〉相差漁港(小雨決行)

  • 午後1時~午後9時30分
  • 大小2基のくじらのみこしを担いで町を練り歩き、最後は海に戻す。
  • 会場内には飲食ブースが並び、伊勢エビ汁などの販売が行われる。
  • 打ち上げ花火約3000発(午後9時~)が夜空を彩る。
  • 《問い合わせ先》
    くじら祭実行委員会 0599-21-6660 平日9:00~17:00
富山 祇園祭り(氷見市)7月13日(木)・14日(金)

〈場所〉市中心部(荒天の場合中止)

  • 13日 午後6時~
    14日 午前10時~
  • からくり人形などが飾られたけんらん豪華な曳山が町内を練り歩く。
  • 若者たちが声を掛け合いながら太鼓台を激しくぶつけ合う「太鼓台のぶつけ合い」が行われる。
  • 《問い合わせ先》氷見市観光協会 0766-74-5250
福井 弁天祭(美浜町)7月8日(土)・9日(日)

〈場所〉久々子地区

  • およそ1300年続く祭りで、七福神のひとつ「弁財天」を祭って無病息災や豊作などを願う。
  • 船に乗った白装束の若者たちが海に落とし合う「海中落とし」が見どころ。
  • 《問い合わせ先》若狭美浜観光協会 0770-32-0222
岐阜 第15回美濃町家回廊 涼の音の散策(美濃市)
7月7日(金)~8月31日(木)

〈場所〉うだつの上がる町並一帯

  • 江戸時代の面影が残る町の軒先におよそ80個の風鈴がつるされる。
  • ガラスや陶器などさまざまな素材で作られた風鈴に、地元特産の美濃和紙で作られた短冊が取り付けられる。
  • 《問い合わせ先》美濃市観光協会 0575-35-3660
静岡 清水七夕まつり(静岡市)7月6日(木)~9日(日)

〈場所〉清水駅前銀座・清水銀座商店街周辺

  • 昭和28年に、戦後の復興や商店街の発展を願い始まった。
  • 商店主らが思い思いに作ったユニークな竹飾りは、竹と紙を中心とした材料で作られている。
  • 《問い合わせ先》清水七夕まつり実行委員会 054-353-3401
石川 あばれ祭(能登町) 7月7日(金)・8日(土)

〈場所〉宇出津(うしつ)地区一帯

  • 高さ6mの灯籠「キリコ」約40基と、みこし2基が町を練り歩く。
  • 荒々しいほど神様が喜ぶとされ、最終日の夜にはみこしが火や川の中に投げ込まれたり、地面にたたきつけられたりする。
  • 7日の8時30分からは花火大会がある。
  • 《問い合わせ先》能登町ふるさと振興課 0768-62-8532
前の情報を見る 一覧へ戻る 次の情報を見る

ページのトップへ