これまでの放送

5月13日

プレゼントに人気!“曲がる皿”

古くから鋳物の町、富山県高岡市で、寺院用の「おりん」(音を鳴らす仏具)を作る技術をいかして「曲がる皿」が製作され、プレゼント用などに人気になっているといいます。厚さは0.75ミリ。曲げても割れたり裂けたりせず、自由に形を変えることができ、お皿や花瓶など様々な用途に使われます。工房ではさらに、金属ながら折り紙もできる厚さ0.4ミリの商品も開発しました。中継では、伝統の「おりん」から生まれた“曲がる皿”の魅力と、職人たちのものづくりへの思いを伝えます。

リポーター:三平泰丈アナウンサ-(富山局)


【問い合わせ先】

●「シマタニ昇龍工房」について

【住所】〒933-0847 富山県高岡市千石町4-2

【電話】0766-22-4727

【FAX】0766-22-4717

【E-mail】yoshi@shouryu.co.jp


※すずがみの販売は、シマタニ昇龍工房、高岡駅、ネット販売などで行っています。
(厚さ0.75ミリのすずがみの値段は、2160円~9504円(サイズによる)厚さ0.4ミリのすずがみの値段は、2160円にて販売)

※すずがみ作りの体験は、直接工房へお問い合わせください
(予約可)

寧比曽岳(1121m) ~愛知 設楽町~

東海北陸の標高1000m前後の山を“ゆる山”と称し、その魅力を伝える新シリーズの2回目。今回登ったのは、愛知県の奥三河にある「寧比曽岳(ねびそだけ・1121m)」。ブナなどの原生林や様々な鳥のさえずり、山頂からの南アルプスの展望などを楽しみます。



【問い合わせ先】

設楽町観光協会

【電話】0536-62-1000

紹介した花
『花菖蒲』



【問い合わせ先】

○愛知県 農林水産部 園芸農産課 花きグループ

【電話】052-954-6419(平日9時~17時)

お出かけ情報

愛知 太閤まつり(名古屋市)13日(土)・14日(日)

〈場所〉中村公園一帯

  • 豊臣秀吉が生まれた豊国神社で秀吉をしのび行われる祭り。
  • 14日には、秀吉のような出世を願い、約300人の子どもたちの出世稚児行列が行われる。
  • 《問い合わせ先》太閤まつり実行委員会 052-411-0003
三重
四日市萬古(ばんこ)まつり(四日市市)13日(土)・14日(日)

〈場所〉萬古神社周辺

  • 伝統の焼き物、萬古焼が普段より3~7割ほど安く販売される。
  • 陶器の出店は約40で、そのほか飲食などの出店が約150ある。
  • 《問い合わせ先》萬古陶磁器卸商業協同組合 059-331-3496
富山
伏木曳山(ふしきひきやま)祭「けんか山」(高岡市)15日(月)

〈場所〉伏木地(ふしきち)内山町(ないやままち)一帯

  • やま(山車)が激しくぶつかり合う祭りで、別名「けんか山」とも言う。
  • やまは高さ8メートル、重さ8トンある。
  • 《問い合わせ先》高岡市観光交流課 0766-20-1301
福井 七間朝市山菜フードピア(大野市)13日(土)・14日(日)

〈場所〉七間通り

  • 「わらび」や「たらの芽」などの山菜を売る約35の出店が並ぶ。
  • 福井名物のおろしそばや天ぷらなどが食べられるコーナーもある。
岐阜 大垣まつり(大垣市)13日(土)・14日(日)

〈場所〉大垣八幡神社周辺など

  • 江戸時代から続く、「やま」と呼ばれる豪華な山車を引き回す祭り。
  • 13両の大きな山車が巡行し、その上ではからくり人形の舞が披露される。
  • 《問い合わせ先》大垣まつり実行委員会 0584-77-1535
静岡 長者ヶ原山つつじまつり(南伊豆町)5日(金)~20日(土)

〈場所〉長者ヶ原山つつじ公園

  • 長者ヶ原に自生する1万2000本のつつじが見ごろを迎えるのに合わせて開かれる祭り。
  • 物産品販売コーナーのほか、ボランティアによる紙芝居も行われる。
  • 《問い合わせ先》
    南伊豆町観光協会内・自然まつり実行委員会 0558-62-0141
石川 お旅まつり(小松市)12日(金)~14日(日)

〈場所〉菟橋(うはし)神社・本折日吉(もとおりひよし)神社

  • 江戸時代から続く世の中の平和を願う祭り。
  • 最大の呼び物は豪華な山車の上で小学生が披露する「曳山子供歌舞伎」
  • 13日はすべての曳山が集まり、ライトアップが行われる。
  • 《問い合わせ先》小松市観光交流課 0761-24-8076
前の情報を見る 一覧へ戻る 次の情報を見る

ページのトップへ