これまでの放送

4月22日

わかめ漁に沸く島 ~三重県鳥羽市答志島~

三重県鳥羽市から定期船で約15分のところにある答志島(とうしじま)。今、「わかめ漁」の季節です。島は昔から保存食として親しまれている「塩わかめ」の生産で有名です。港では、とれたてのわかめを、ずらっと並んだ専用の窯で湯がく風景が見られます。わかめの部位を全て使った郷土料理はこの時期、歯ごたえ抜群です。また、島ではわかめ漁の人手不足を補うために、都市部の高齢者に「わかめの加工作業体験」をしてもらっており、参加者から好評だといいます。わかめ漁に沸く季節、答志島の暮らしを訪ねます。

旅人:髙田洋子キャスター(津放送局)



【問い合わせ先】

Q. 答志島まではどうやって行きますか?

A. JRもしくは近鉄鳥羽駅から歩いて5分。鳥羽マリンターミナルから出航している鳥羽市営定期船に乗船しておよそ15分。答志島の和具でお降りください。
便数が限られているので、鳥羽市のホームページなどで時刻表をご確認ください。


Q. 番組で紹介していた「塩わかめ作り」は見学できますか?

A. 天候のよい2月中旬~4月の期間であれば、作業の様子を見ることはできます。
見学ツアーなども開催されています。詳細は各旅行会社に問い合わせください。


Q. 番組で紹介していた「わかめ料理」はどこで食べることが
できますか?

A. 今回お邪魔した食堂は答志地区にある「ロンク食堂」です。今回ご紹介したようなわかめ料理のみの定食はありませんが、前菜や汁物でわかめを楽しむことができます。


Q. 番組で紹介していた「漁業版ワーキングホリデー」に
参加したいのですが。

A. 答志島の漁協が中心となった「漁村と都市高齢者の結(ゆい)づくりチーム」が主催していますが、残念ながら今年の受け入れは終了したとのことです。
詳しいスケジュールや連絡先は団体ホームページを参照してください。

カトリーナのトレンド探偵
『まるで○○! 春の流行アイテム』

春の装いで外出するのが楽しくなる季節。今回は、若者を中心に人気が高まっている最新ファッションに注目します。今、多くの店で扱われているのが、“サッシュベルト”と“抜き襟シャツ”。サッシュベルトは普通のベルトの約2倍、長さ2メートルもあるもので、抜き襟シャツは、襟が背中の方向に大きく開いたシャツです。この2つのアイテムには、ある共通点が!春の流行アイテムの人気の理由を探っていきます。



【問い合わせ先】

▼サッシュベルトや抜き襟シャツを試着したお店

≪名古屋PARCO≫

【店名】DHOLIC

【電話】052-684-8764(時間10:00~21:00)

【店名】アパートバイローリーズ

【電話】052-264-8056(時間10:00~21:00)

【店名】WEGO

【電話】052-238-2175(時間10:00~21:00)


▼流行ファッションについて聞いた学校

【学校名】学校法人日本教育財団 名古屋モード学園

【電話】052-582-0001(代表)(時間10:00~20:00)


▼家にあるもので流行アイテムをつくる技を披露した
ファッションコンサルタント

【店名】ビューティリア名古屋サロン 榊原恵理さん

【E-mail】eri.beauteria@gmail.com

お出かけ情報

愛知 いなざわ植木まつり(稲沢市)20日(木)~29日(土)

〈場所〉国府宮(こうのみや)神社参道

  • 松やハナミズキなど300種類5万本あまりの植木や苗木が販売される。
  • 植木や苗木を販売する露店のほか、病害虫の被害などの相談コーナーも設けられる。
  • 21日と26日には、植木のセリ市が行われる。
  • 《問い合わせ先》
    いなざわ植木まつり実行委員会事務局 0587-32-1352
三重 藤まつり(津市)4月22日(土)~5月7日(日)

〈場所〉かざはやの里

  • 10種類1800本の藤が見頃を迎えるほか、8種類が藤棚に開花する。
  • 本紅藤、オーロラをメインに展示。
  • 《問い合わせ先》かざはやの里 059-255-5755
富山 となみチューリップフェア(砺波(となみ)市)
4月21日(金)~5月5日(金)

〈場所〉砺波チューリップ公園

  • 700品種300万本の色鮮やかなチューリップが咲き誇る国内最大のチューリップフェア。
  • 砺波市でチューリップ栽培をはじめて100年を迎える今年は、チューリップで100という数字が描かれる地上絵を見ることができる。
  • 《問い合わせ先》チューリップ四季彩館 0763-33-7716
福井 芦原(あわら)温泉春まつり(あわら市)29日(土)

〈場所〉芦原温泉街

  • 明治の終わり頃から続く伝統の祭り。
  • 武者人形や桜などで飾り付けられた山車が温泉街を練り歩く。
  • 山車の中では芸ぎたちが華やかなお囃子を奏でる。
  • 《問い合わせ先》芦原温泉春まつり事務局長・あわら温泉 花の宿 福寿
    0776-77-2281
岐阜 美濃竹鼻ふじまつり(羽島市)4月22日(土)~5月5日(金)

〈場所〉竹鼻(たけはな)別院周辺

  • 樹齢300年を越える藤の花が見られる。
  • 夜はライトアップも行われる。
  • 《問い合わせ先》羽島市商工観光課 058-392-9943
静岡 春の園芸市(静岡市)22日(土)23日(日)

〈場所〉清水日本平(にほんだいら)運動公園多目的広場

  • 花や樹木の苗木、園芸用品を扱うおよそ30の出店が並ぶ。
  • 静岡市と市内の造園業者や建設業者が、緑に触れることで身近な緑化運動につなげてもらおうと毎年開催。
  • 《問い合わせ先》静岡市花と緑のまちづくり協議会 054-200-4894
石川 鯉のぼり流し(小松市)4月上旬~5月中旬

〈場所〉加賀伝統工芸村ゆのくにの森

  • 数百匹のこいのぼりが空を泳ぐ。
  • 古民家とカラフルなこいのぼりの組み合わせは絶好の被写体。
  • 《問い合わせ先》加賀伝統工芸村ゆのくにの森 0761-65-3456
    【FAX】0761-65-3344
前の情報を見る 一覧へ戻る 次の情報を見る

ページのトップへ