これまでの放送

7月9日

近江町市場の母 最後の一日

金沢市民の台所「近江町市場」。金沢市の中心部にあり、鮮魚や青果など180あまりの店が並びます。その近江町市場の母と呼ばれた女性が、30年近く勤めた市場の組合を先日退職しました。お客さんとの交流を大切にする一方、市場で働く人に愛情を持って厳しく接し、市場の活性化につなげてきたという小林さん。その最後の一日に密着します。


こんなところに観光地! 福井で工場見学

人口当たりの社長輩出数が全国一で、個人や家族経営の中小企業が多いという福井県。その中に、工場見学を受け入れ、観光スポットとして注目を集めている場所が数多くあるといいます。溶接体験が人気の鉄工所、外国人観光客が押し寄せている食品工場、プロからアイロンがけを指導してもらえるクリーニング工場などを訪ね、工場見学の魅力に迫ります。

旅人:石井隆広アナウンサー(福井放送局)



【問い合わせ先】

○長田工業所の鉄製品作りや工場見学について

【電話】 0776-72-1164

営業時間[完全予約制]
平日/16:00~18:00 土曜/13:00~18:00

※土曜は都合によりお休みとなる場合があります。

※日曜・祝日定休


○黒川クリーニングの工場見学・職業体験について

【電話】 0120-33-4646


○安田蒲鉾の工場見学・製品作り体験について

【電話】0776-53-2252

※予約受付時間 9時~16時

※午前の部:AM10:00~ 午後の部:PM1:30~

定休日:水曜日 (※要問い合わせ)

 

紹介した花
『7月のあいちの花 アンスリウム』



【問い合わせ先】

愛知県 農林水産部 園芸農産課 花きグループ

【電話】052-954-6419(平日9時~17時)

お出かけ情報

愛知 豊橋祇園祭 手筒花火(豊橋市)15日(金)

〈場所〉吉田神社

  • 14日~17日にかけて三河地方に本格的な夏の訪れを告げる祇園祭が行われる。
  • 15日の午後6時からは約300本の手筒花火が神社に奉納される。
  • 16日は打ち上げ花火、17日は頼朝行列や笹踊りなどがある。
  • 《問い合わせ先》豊橋祇園祭奉賛会 0532-53-5528
三重 相差天王くじら祭り(鳥羽市)14日(木)

〈場所〉相差漁港周辺

  • 海の安全と大漁を祈る祭。
  • クジラをかたどったみこしを担いで町を練り歩いたあと、クジラは海の中に入る。
  • この町には昔、観音様がくじらに乗ってやって来たという言い伝えがある。
富山 祗園祭り(氷見市)13日(水)14日(木)

〈場所〉中心市街地

  • ちょうちんを飾った大きな山車がゆっくり町中を練り歩く。
  • 呼び物は若者たちが太鼓を打ち鳴らしながら町の中を巡る太鼓台。
    太鼓台をぶつけ合ったり、激しく揺らしたりする。
  • 《問い合わせ先》氷見市観光協会 0766-74-5250
福井 越前和紙 七夕吹き流しコンテスト作品展(越前市)24日(日)まで

〈場所〉いまだて芸術館

  • 県特産の越前和紙を使って作った七夕の吹き流しの作品が約100点、展示されている。
  • 熊本を応援する作品、地元の子供が作った作品、お年寄りが1年がかりで作った作品などがある。
  • 《問い合わせ先》紙の文化博物館 0778-42-0016
 
岐阜 郡上おどり(郡上市)7月9日(土)~9月3日(土)

〈場所〉郡上八幡 市街地一帯

  • 約400年前から伝わる盆踊りで、国の指定重要無形民俗文化財に指定されている。
  • 夜通し踊る「徹夜踊り」は8月13日(土)~16日(火)。
  • 《問い合わせ先》郡上八幡観光協会 0575-67-0002
静岡 御前崎海水浴場 海開き(御前崎市)9日(土)

〈場所〉マリンパーク御前崎海水浴場

  • 海水浴シーズンスタートにともない、海開きが行われる。
  • 海の安全を祈願する神事がある。荒天の場合は御前崎観光物産会館「なぶら館」で行う。
  • シーズン中は海上アスレチックが設置される。
  • 《問い合わせ先》御前崎市観光協会 0548-63-2001
石川 日本のガラス展 挑戦する現代ガラス(七尾市)7月10日(日)まで

〈場所〉石川県能登島ガラス美術館

  • 日本ガラス工芸協会に所属する会員が作ったものや一般公募で入選した作品が約60点展示されている。
  • 《問い合わせ先》石川能登島ガラス美術館 0767-84-1175
前の情報を見る 一覧へ戻る 次の情報を見る

ページのトップへ