これまでの放送

6月18日

岐阜の伝統産業製品をヨーロッパに

国内市場が縮小する中、伝統産業の製品を海外に売り込もうという試みが各地で行われていますが、実際に海外で「売れる」ようになるのは容易なことではありません。そんな中、岐阜県では美濃焼や飛騨の家具などをヨーロッパに売りこむ動きを強め、ヨーロッパに進出する足がかりをつかみました。その成功の秘訣をリポートします。


 

カトリーナのトレンド探偵
超本格的!“自分史”の人気

自分の生きてきた歴史や足跡について書き記す「自分史」。今、自ら書かなくても、代行して自分史を作ってくれるサービスが増え、人気が高まっています。こうした自分史作りを依頼するのは、本人ではなく、子や孫などのケースが多いといいます。自分史を作るサービスはどんなものなのか、なぜ人気が高まっているのか、調査していきます。



【問い合わせ先】

◎文章でつづる自分史

「生き様工房」

■会社名:株式会社デイズ

【電話】052-711-1200(平日10時~20時)

「おしゃべり自分史」

■会社名:パーソナルメモリーズ

【電話】03-4405-8216(9時~18時)


◎雑誌風自分史

「親の雑誌」

■会社名:株式会社こころみ

【電話】0120-042-488(平日9時~18時)


◎写真多めの自分史

「メモリアルブックきずな」

■会社名:サンピース・グラフィックス株式会社

【電話】03-5608-1971(10時~19時)

「“ストーリーギフト”という新しい感動の贈り物
「一人伝(いじんでん)」」

■会社名:株式会社 夢ふぉと

【電話】06-4704-0373(9時~18時)

お出かけ情報

愛知 あじさい祭り(蒲郡市)30日(木)まで

〈場所〉形原温泉 あじさいの里

  • 約120種類、5万株のアジサイがある。
  • 夜9時30分までライトアップが行われる。
  • 《問い合わせ先》形原観光協会 0533-57-0660
三重 御田植祭(志摩市)24日(金)

〈場所〉伊雑宮

  • 伊雑宮は伊勢神宮の別宮のひとつ。伊雑宮が所有する水田で行われる豊作を祈願する神事。国の重要無形民俗文化財に指定されている。
  • 水田の中で下帯姿の男たちが青竹を引き回し、早乙女姿の子供が稲を植える。
  • 《問い合わせ先》志摩市観光協会 0599-46-0570
富山 高瀬遺跡 菖蒲まつり(南砺市)18日(土)19日(日)

〈場所〉高瀬遺跡

  • 約80種類4万株の花しょうぶが植えられている。今年は例年より開花が1週間ほど早い。
  • 流しそうめん、そばや焼きそばなどを販売する屋台が並ぶほか、18日の夜8時からは打ち上げ花火も行われる。
  • 《問い合わせ先》井波歴史民俗資料館 0763-82-5050
福井 観音まつり 火渡りの行(坂井市)19日(日)

〈場所〉瀧谷寺(たきだんじ)

  • 護摩木(ごまぎ)を燃やした残り火の上を素足で歩いて無病息災を願う。
  • 午後1時からで、予約なしで誰でも参加できる。
 
岐阜 ゆり見ごろ(揖斐川町)7月18日(月)まで

〈場所〉谷汲ゆり公園

  • 約50種類、30万株のゆりが植えられている。
  • 早咲きは6月中旬が見ごろ、遅咲きは6月末くらいから見ごろ。
  • 《問い合わせ先》谷汲ゆり公園 0585-56-3988
静岡 ササユリ祭り(南伊豆町)30日(木)まで

〈場所〉天神原植物園

  • ササユリは古代から西日本の山間に自生していた野生のユリの原種。
  • 約3万株のササユリが植えられていて、6月末にかけて次々と開花する。
  • 《問い合わせ先》天神原植物園 0558-64-8178
石川 漆芸の未来を拓く 生新の時(輪島市)6月27日(月)まで

〈場所〉石川県輪島漆芸美術館

  • 大学や大学院で漆工芸を学び、今春卒業修了した学生たちの作品が展示されている。
  • 金沢美術工芸大学や富山大学など8大学から40点の作品が紹介される。
  • 《問い合わせ先》石川県輪島漆芸美術館 0768-22-9788
前の情報を見る 一覧へ戻る 次の情報を見る

ページのトップへ