これまでの放送

1月16日

とことん堪能!氷見のブリ ~富山 氷見~

氷見が誇る冬の味覚、ブリ。北の海でたっぷりと栄養を蓄えた後、産卵のために日本海を南下し、富山湾を回遊します。そのため氷見沖には、脂がのった絶品のブリがとれる漁場が広がっています。街には“ブリ御殿”が建ち、人々はブリへの感謝の気持ちを持ち続けてきました。今年は残念ながら不漁だというブリ。しかし、そんな中でもブリを愛してやまない人たちに出会っていきます。

旅人:青木栄美子キャスター(富山放送局)



【問い合わせ】

■漁業交流館「とと座」について

氷見発祥と言われる定置網や漁具・民具など常設しています。

2月末まで、展示コーナーで「ブリコレクション」開催中。

※現在、解体ショーを行う予定はありません。

【電話】076-674-8018

【FAX】076-672-1350

※開館時間は9:00~17:00

※入場料300円。中学生以下、氷見市民、障がい者等の方は原則無料。

※休館日は毎週水曜日。年末年始、及び祝日の翌日も休館。

 

ノリノリでPR! “浜名湖のり”

静岡県の浜名湖は遠州灘に面し、海水と淡水が混じるため栄養豊富で、潮の流れが穏やか。そのため、江戸時代から“のり養殖”が盛んです。この時期、漁師は腰まで水につかり、掃除機のような専用の機械でのりを収獲します。鮮やかな緑色と豊かな香りが人気で、贈答用としても人気が高いです。その魅力を全国にアピールしているのが、食品加工会社などの地元企業で結成した「のり内閣」です。“のり総理大臣”が中心となり、豆腐やパスタなど、のりを使った新商品を開発しています。中継では、のりの収獲の様子と、ノリノリなPRの取り組みを伝えます。

出演:柴田祐規子アナウンサー(静岡放送局)



【問い合わせ】

■浜名湖ののり(生産)について

浜名漁業協同組合(静岡県浜松市西区舞阪)

【電話】053-592-2911

※浜名湖産ののりは生産量が少なく、

地元以外にはほとんど出まわりません。

※生のり・板のりは、浜松市西区舞阪(まいさか)

・湖西市新居(あらい)周辺の海産物店などで販売されています。


■「のり内閣」の活動について

浜名湖のりブランド推進協議会

(マツダ食品内/静岡県浜松市東区笠井町45番地)

【電話】053-433-1528


紹介した鉢「プリムラ・ジュリアン」


【問い合わせ先】

○JA西三河西尾鉢物出荷組合 野々宮センター

【電話】0563-56-3207

お出かけ情報

愛知 筆まつり(江南市)16日(土)17日(日)

〈場所〉北野天神社

  • 受験シーズンが始まる時期に、学力の向上を願って行われる祭。
  • 17日(日)には、重さ50kgもある巨大な筆が神社に奉納される。
  • 各種試験合格祈願、書道展、筆作り実演なども開催。
  • 《問い合わせ先》北野天神社 0587-53-1858
三重 鼻かけえびす初笑い神事(志摩市)20日(水)

〈場所〉恵比寿神社

  • えびす様の周りを囲んで大きな声で笑い、1年の大漁や家内安全を祈る神事。
  • 毎年1月20日に行われている。午後1時から。
富山 大寒の寒修行(上市町)21日(木)

〈場所〉大岩山日石寺

  • 冷たい滝に打たれて身を清めるもので、1年で最も寒い頃とされる大寒に行われる。
  • 朝8時頃から始まり、見学は自由。
  • 参加を希望する場合は大岩山日赤寺に電話し、事前に申し込む。
  • 《問い合わせ先》大岩山日石寺 076-472-2301
福井 夷子大黒綱引き(敦賀市)17日(日)

〈場所〉相生町旧西町通り

  • えびす様と大黒様が町を練り歩いたあと、町内がえびす側と大黒側に分かれ、綱引きが行われる。
  • えびす側が勝つと豊漁に、大黒側が勝つと豊作になると伝えられている。
  • 《問い合わせ先》敦賀観光協会 0770-22-8167
 
岐阜 酒蔵めぐり(高山市)2月28日(日)まで

〈場所〉市内6軒の造り酒屋

  • 市内にある6軒の造り酒屋が酒蔵を約1週間交代で公開する。
  • 酒蔵ガイドが普段入ることのできない場所を案内してくれる。
  • 日本酒の試飲もある。見学無料。
  • 《問い合わせ先》
    飛騨・高山観光コンベンション協会 0577-36-1011
静岡 たこたこあがれin富士山(富士宮市)17日(日)

〈場所〉朝霧アリーナ

  • 富士山のふもとでたこ揚げ大会が行われる。
  • 県内外から伝統だこの保存会が多数参加するほか、海のタコの形をしたたこも登場。
  • 一般の人が当日参加できるコンテストもある。
  • 当日の天候不良などによる開催確認は0544-26-6111へ。
  • 《問い合わせ先》奇石博物館 0544-58-3830
石川 面様年頭(輪島市)20日(水)

〈場所〉輪島前神社周辺

  • 面を付けて神様にふんした男の子が地域の家を回って厄を払う新年の神事。
  • 約400年前から伝わるもので、国の重要無形民俗文化財に指定されている。
前の情報を見る 一覧へ戻る 次の情報を見る

ページのトップへ