これまでの放送

1月9日

満喫! 志摩の冬景色

5月にサミットが開かれることで注目が高まっている三重県志摩市。この時期、志摩を訪れると、冬限定の魅力的な風景が広がっています。晴れた朝、市内を一望できる展望台から見えるのは、200キロも離れた距離にある富士山。波の静かな英虞湾に緑のじゅうたんのように広がるのは、全国一の生産を誇る「あおさ」の養殖網です。また、冬の“おやつ”として親しまれている「きんこ芋」が干された風景も目を楽しませてくれます。冬ならではの 志摩の風景をたどり、その魅力を満喫していきます。

旅人:竹村りゑキャスター(名古屋放送局)



【問い合わせ】

■富士山が見える展望台 横山展望台

【住所】志摩市阿児町鵜方875-20

近鉄鵜方駅からタクシー10分、
または近鉄志摩横山駅下車徒歩40分。

問い合わせ先:志摩市観光協会【電話】0599-46-0570


■きんこ芋

志摩市内の道の駅などで購入できます。
(※数に限りがあるため、事前にお問い合わせ下さい)

・道の駅「伊勢志摩」

【住所】志摩市磯部町穴川511番地5

【電話】0599-56-2201

・JA鳥羽志摩 阿児支店

【電話】0599-43-0362(1月末頃まで)


■夕日が見える展望台 登茂山展望台

【住所】志摩市大王町登茂山(近鉄鵜方駅から車で約20分)

問い合わせ先:ともやま公園管理事務所【電話】0599-72-4636

 

ことしにかける
~ノーベル物理学賞受賞 梶田隆章教授~

物質のもとになる最も基本的な粒子の一つ「ニュートリノ」に質量があることを世界で初めて証明し、昨年ノーベル物理学賞を受賞した東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長。現在、最大の研究テーマ「重力波」の観測に力を入れています。「重力波」は、質量がある物質が動いた際に、空間のゆがみが波となって伝わる現象です。アインシュタインが一般相対性理論でその存在を予言しました。この「重力波」観測にかける梶田教授の意気込みや、今年にかける抱負をうかがいます。


紹介した花「1月のあいちの花 ピンポンマム」


【問い合わせ先】

○愛知県 農林水産部 園芸農産課 花きグループ

【電話】052-954-6419(平日9時~17時)

お出かけ情報

愛知 こうた凧揚げまつり(幸田町)10日(日)

〈場所〉菱池地内

  • 全国のたこ愛好家が集まる新春恒例イベント。
  • およそ180基のたこが参加予定で、大きなものは畳15畳分もある。
  • 手作りのたこを持って行けば当日参加できる部門もある。
  • 《問い合わせ先》
    こうた凧揚げまつり実行委員会事務局 0564-62-1111
三重 ハラソ祭り(尾鷲市)11日(祝・月)

〈場所〉梶賀漁港

  • 化粧をして赤い着物をまとった男性がクジラ漁を再現する伝統の祭り。
  • かつては鯨の供養のために行われていたが、捕鯨が行われなくなった現在は豊漁を祈願する祭りとして続いている。
富山 左義長まつり(射水市)11日(祝・月)

〈場所〉太閤山ランド

  • しめ飾りや門松、書初めなどを燃やし、今年1年の無病息災や字の上達を願う祭。
  • お汁粉やラーメンなどが食べられる飲食コーナーもある。
  • 《問い合わせ先》太閤山ランド 0766-56-6116
福井 弓打ち講(美浜町)9日(土)

〈場所〉八幡神社

  • 的に向けて矢を放ち、矢が外れると良い1年になると言われている伝統行事。
  • 矢が的に当たると「良すぎてかえって良くない」と言われている。
  • 最後には外れた矢をすべて拾い、的に突き刺して健康や五穀豊じょうを祈願する。
  • 《問い合わせ先》美浜町商工観光課 0770-32-6705
 
岐阜 三寺まいり(飛騨市)15日(金)

〈場所〉古川町市街地

  • 江戸時代から続く伝統行事で、着物姿の女性が町内3つの寺をお参りして縁結びなどを願う。
  • 瀬戸川沿いにはろうそくが灯される。
  • 着物のレンタルあり。着物、着付け、記念撮影等込みで3000円。詳しくは観光協会にお問い合わせ下さい。
  • 《問い合わせ先》飛騨市観光協会 0577-74-1192
静岡 消防出初式(浜松市)9日(土)

〈場所〉アクトシティ浜松

  • 市内の消防隊員や消防団員、約1250人が参加する。
  • パレードのほか、はしご乗り演技の披露、地震体験車、ミニ消防車の試乗などもある。
  • 《問い合わせ先》浜松市役所消防局消防総務課 053-475-7523
石川 倉温泉冬花火&海鮮まるごと大鍋とうまいもん市(七尾市)10日(日)

〈場所〉和倉温泉シーサイドパーク

  • カニやカキ、エビなどが入った大なべが1杯300円で味わえる。
  • 焼きカキ、ねりもの、カレーなど、地元の食材を使った料理も多数販売。
  • 《問い合わせ先》
    和倉温泉観光協会・和倉温泉旅館協同組合 0767-62-1555
前の情報を見る 一覧へ戻る 次の情報を見る

ページのトップへ