これまでの放送

7月18日

“元祖”の謎を追え ~三重県津市~

全国の県庁所在地の中でも知名度が低く、魅力に乏しいと言われる津市。しかし、津市には“元祖”、“発祥の地”と呼ばれるものが数々あります。250年以上の歴史をもつ「古式泳法」や、名古屋名物として名高い「天むす」などです。津から生まれた“意外なモノ”を訪ね歩き、その“知られざる魅力”を探っていきます。

旅人:豊田美穂キャスター(津放送局)



【問い合わせ】

■紹介した泳法 しゅう水術・観海流
※代表者の連絡先は個人情報なのでお知らせできません。
 津市観光協会にお尋ねください
【電話】059-246-9020


■紹介したお店

「平治煎餅」
【住所】三重県津市大門20-15
【電話】059-225-3212


「天むすの千寿」
【住所】三重県津市大門9-7
【電話】059-228-6798


行き方

電車:近鉄名古屋線・JR紀勢本線 津駅で下車。
   阿漕浦海岸は「米津」「天白」行きのバスで15分。

 車:伊勢自動車道・津ICから20分。

 

日本海の玄関口 富山の港の活用策は

今年3月に北陸新幹線が開業して、首都圏へのアクセスが向上した富山県。その影響で、既存の空港や港の位置づけなども変わりつつあります。中でも日本海の玄関口「伏木富山港(ふしきとやまこう)」は、中国・韓国・ロシアとを結ぶ日本海側の拠点港として利用が進み、コンテナ取扱量は2年連続で過去最高を記録しました。新幹線の開業で長野県など隣接する他県からも注目を集める港を取材し、富山の物流や港の変化を伝えます。

紹介した鉢
『7月のあいちの花 ドラセナ』


○愛知県 農林水産部 園芸農産課 花きグループ
【電話】052-954-6419(平日9時~17時)

お出かけ情報

愛知 名古屋朝顔まつり(名古屋市)22日(水)から26日(日)まで

〈場所〉名城公園フラワープラザ

  • 「名古屋朝顔」とはつるを伸ばさずに盆栽風に仕立てた朝顔。名古屋が発祥で100年の歴史がある。
  • 名古屋朝顔が約100鉢展示されるほか、26日は押し花教室も開催。
  • 《問い合わせ先》名城公園フラワープラザ 052-913-0087
三重 磯の生きものワクワク大冒険(志摩市)8月31日(月)

〈場所〉志摩マリンランド

  • 海の生き物を直接触って観察できるイベント。
  • サメ、エイ、ヒトデ、伊勢エビなど約25種類を触ることができる。
  • 夏休み中は体長10センチほどのアカテガニを釣って楽しむコーナー、青白い光を放ちながら泳ぐウミホタルの展示などもある。
  • 《問い合わせ先》志摩マリンランド 0599-43-1225
富山 福光ねつおくり七夕祭り(南砺市)23日(木)から26日(日)

〈場所〉福光商店街一円

  • 稲の病害虫を追い払い豊作を祈願する祭。
  • 浴衣に編み笠を被った女性たちが民謡を踊りながら商店街を練り歩く民謡街流し、子供たちが豊作を祈願しながら地区の田んぼを回る「ねつおくり」、花火大会、ダンス、太鼓のステージなどもある。
  • 《問い合わせ先》南砺市商工会 福光事務所 0763-52-2038
福井 金津まつり(あわら市)18日(土)~20日(月・祝)

〈場所〉金津神社周辺

  • 800年以上前から伝わるお祭り。
  • 呼び物は高さ6メートルを超える武者人形を乗せた山車。
  • 和太鼓の演奏や子供たちの踊りも見どころ。
  • 《問い合わせ先》あわら市役所 0776-73-1221
 
岐阜 影絵昔話館 しらさぎ座 公演(下呂市)18日(土)から11月29日(日)まで

〈場所〉下呂温泉合掌村

  • 「しらさぎ座」は全国で唯ひとつの常設の影絵専用劇場。
  • 温泉以外の下呂の魅力をPRするために行われていて、下呂の昔話を影絵で上演する。
  • 《問い合わせ先》下呂温泉合掌村 0576-25-2239
静岡 天王祭(森町)19日(日)まで

〈場所〉山名神社

  • 見どころは疫病の退散を願い、子供たちが演じる舞楽(国指定重要無形民俗文化財)
  • 動物や昆虫の被り物を付けて演じる珍しい舞。
  • 《問い合わせ先》森町観光協会 0538-85-6319
石川 輪島あわびまつり(輪島市)19日(日)

〈場所〉マリンタウン特設会場

  • 海女さんたちの素もぐり漁が始まる時期に合わせ、地元特産のアワビやサザエをPRするイベント。アワビ、サザエなどをお値打ち価格で買うことができる。
  • バーベキューコーナーで買った物を焼いて食べることができる。
  • 《問い合わせ先》能登わじま海物語実行委員会 0768-22-1485
前の情報を見る 一覧へ戻る 次の情報を見る

ページのトップへ