NHK オンライン 名古屋放送局

業務の改善例をご紹介します

皆様の声におこたえしました



お客様の声(ご要望)
改善点
平成22年11月27日に放送した名古屋局制作の「ドラマスペシャル『心の糸』」について、「ろう者を取り扱ったテーマなので、ろう者も見られるように全てのセリフに字幕を入れて放送してほしい」という声が寄せられました。
11月27日の放送では、デジタル放送や文字放送のチューナーをお持ちの方であれば字幕でご覧いただけるものでした。そういった環境が整っていないテレビでもご覧いただけるように、12月19日に、全てのセリフに字幕を付けた【全編字幕版】を制作して放送しました。
安心・安全につながる情報を伝える2分の番組「知って解決!SKEっとネット」について、「月曜日の放送以外はいつ放送されるかわからない。放送日時をわかるようにしてほしい」という声が寄せられました。
毎週、次週の放送予定が決まり次第、放送予定日時をホームページに掲載することにしました。また、いままでに放送した映像もホームページで見られるように改善しました。
データ放送の【いつでもドラゴンズ速報】イニング表示の、「表」と「裏」の区別がつきにくい。
「表」と「裏」のうち、「裏」をカタカナで表示するようにして、一目で「表」と「ウラ」の区別がつくようにしました。
「サタテン」に出演しているアーティストのリクエストを携帯サイトからもできるようにしてほしい。
「サタテン」に出演してほしいアーティストのリクエストをパソコンに加え、携帯サイトからもリクエストができるようにしました。
NHK全国学校音楽コンクール愛知県コンクール小・中学校地区予選は、3つのブロックに分けて開催し、各地区予選終了後、結果をホームページに掲載しています。しかし、地区予選の日程が連続することもあり、他地区の結果をホームページで見られず、会場で問い合わせをいただくケースが多くありました。
NHK全国学校音楽コンクール愛知県コンクール小・中学校の地区予選の結果は、ホームページに掲載するほか、地区予選会場において、他地区の結果をロビー会場に掲出し、詳しく結果をご覧いただけるようにしました。
中学生日記「シリーズ・転校生(1)少年は天の声を聴く」の放送で、主人公は「聴覚障害のある少女」で、少女のセリフと手話のシーンのみ字幕スーパーを付けて放送したところ、聴覚障害者などから「番組全体を字幕付きで再放送してほしい」という声が多く寄せられました。
再放送で、すべてのセリフに字幕スーパーをつけるようにしました。誰のセリフかがわかるように、登場人物ごとに書体を変え、モノローグ(心情描写)は縦書きにして放送しました。

NHKで改善しました



改善しました
改善点
「いつでもドラゴンズ速報」をさらに機能アップ
デジタル総合テレビのデータ放送を利用して、野球放送がない時間でも、通常の番組を見ながら同じ画面で中日ドラゴンズ戦の試合経過をお知らせする従来の「いつでもドラゴンズ速報」に、「他球場の試合」「セリーグ・パリーグの順位表」もご覧いただけるサービスを追加しました。