NHK オンライン 名古屋放送局

名古屋局のあゆみ

1924 (大正13.12.10) 社団法人名古屋放送局設立許可申請書の届出
1925 (大正14. 1.10) 社団法人名古屋放送局の設立許可 (理事長 神野金之助)
  (大正14. 3.22) 東京放送局仮放送開始 (本放送7.12)
  (大正14. 6.17) 名古屋放送局舎落成 (現在の中区丸の内)
  (大正14. 6.23) 名古屋放送局試験放送開始
  (大正14. 7.15) 名古屋放送局 放送開始 (ラジオ第1放送)
1日4時間31分放送。午前8時45分開始で、ニュース、天気予報、経済市況など。
夜は講演、音楽、演芸などで浪花節は毎夜 1KW 聴取契約数3,200 聴取料月額2円 (翌15年1月から1円に改定)
1926 (大正15. 8.20) 東京、大阪、名古屋の旧3法人解散。社団法人日本放送協会を設立 (本部 東京市麹町区有楽町)。関東、関西、東海支部となる。 (放送時の呼称を東京・大阪・名古屋各中央放送局とする) 聴取契約数33万8204 (うち名古屋4万1057)
1928 (昭和 3.11. 5) 全国中継放送はじまる
1929 (昭和 4.12. 27) 桶狭間ラジオ放送所開局 (〜昭和58.12.21)
1933 (昭和 8. 6.26) 名古屋ラジオ第2放送開始
1935 (昭和10. 6. 7) 仏法僧の鳴き声を愛知県鳳来寺山から全国へ中継
1936 (昭和11. 2. 9) プロ野球(巨人軍対金鯱軍)を名古屋鳴海球場から日本ではじめて実況中継 (名古屋ローカル)
1940 (昭和15. 9. 1) 豊橋、津、岐阜放送局開局
1945 (昭和20. 5.14) 名古屋中央放送局戦災により焼失、予備演奏所から放送継続
1946 (昭和21. 3. 4) NHK(協会サイン)を使用開始
1950 (昭和25. 6. 1) 放送法による「日本放送協会」発足
1951 (昭和26. 7.27) 名古屋テレビジョン実験局開設 (30W)
1954 (昭和29. 3. 1) 名古屋テレビジョン本放送開始(500W)
  (昭和29. 6.19) 名古屋テレビ塔完成
  (昭和29. 8.22) 名古屋テレビ局増力(10KW)神楽町放送所開設 (テレビ塔内)
1955 (昭和30. 7.15) 旧名古屋放送会館落成、運用開始
1959 (昭和34. 9.26) 伊勢湾台風来襲、管内各局に被害発生、救助活動とともに特別番組編成
1960 (昭和35. 4.11) 名古屋教育テレビ実験放送開始 (10KW)
1962 (昭和37. 3.27) 名古屋教育テレビジョン本放送開始(10KW)
  (昭和37. 4. 7) 「中学生次郎」(名古屋局制作)放送始まる
(昭和47.4現在の「中学生日記」放送開始)
  (昭和37.12.24) 名古屋FM放送実験局開局 (3KW)
1963 (昭和38.12.16) 名古屋局、総合・教育カラー放送開始
1969 (昭和44. 3. 1) 名古屋FM本放送開始
1971 (昭和46. 7. 1) 組織改正により日本放送協会中部本部となる
1973 (昭和48. 4.2) 津・岐阜UHF県域テレビ放送開始
1975 (昭和50. 7.15) 中部本部開局50周年
1979 (昭和54. 8. 8) 名古屋「テレビ音声多重放送(実用化試験)」開始
1980 (昭和55. 7.25) 組織改正により日本放送協会名古屋放送局となる
1983 (昭和58. 5.27) 名古屋テレビ音声多重本放送開始
  (昭和58.12.22) 鍋田ラジオ放送所運用開始(50KWに増力)、これにより 昭和4年以来の桶狭間放送所は54年間の歴史に幕
1984 (昭和59. 5.12) 衛星放送の試験放送開始
1986 (昭和61. 5.12) テレビ文字多重放送開始 (東海北陸管内)
1991 (平成 3. 8.26) NHK名古屋放送センタービルオープン
1994 (平成 6.11.25) ハイビジョン実用化試験放送、1日10時間放送
1996 (平成 8. 2.14) 名古屋放送局「遊&放プラザ」入場者100万人突破
  (平成 8. 3.22) FM文字多重放送開始
1999 (平成 11. 3.18) 名古屋放送局 「遊&放プラザ」 リニューアルオープン
  (平成 11. 5.1) NHK名古屋放送資料センター開館
2003 (平成15.12.1) 名古屋放送局 地上デジタル放送開始
2004 (平成16.11.1) 岐阜放送局 地上デジタル放送開始
2005 (平成17.3.25〜9.25) 「愛・地球博」にてスーパーハイビジョンを出展
  (平成17.4.1) 津放送局 地上デジタル放送開始
  (平成17.7.15) 名古屋放送局 放送開始80周年
記念番組「いつもここから心から」放送
2006 (平成18.4.1) 携帯端末向けワンセグ放送を愛知県向けに開始
  (平成18.4.3〜9.25) 岡崎市が舞台の連続テレビ小説「純情きらり」放送
  (平成18.4.7) 「金とく」放送開始
2007 (平成19.3.31) FM文字多重放送サービス終了
  (平成19.8.12) NHKスペシャル「鬼太郎が見た玉砕」放送。平成19年度文化庁芸術祭優秀賞受賞
  (平成19.10.1) 緊急地震速報のサービスを開始
2008 (平成20.10.1) 訪問集金の廃止
  (平成20.11.30) NHKスペシャル「雨の物語〜大台ヶ原」放送。第50回科学技術映像祭文部科学大臣賞受賞
2009   伊勢湾台風から50年。年間を通し特集番組等放送
2010 (平成22.7.11) 大相撲名古屋場所 中継を中止
2011 (平成23.3.19) 放送体験スタジオわくわくオープン
  (平成23.7.24) アナログテレビ放送の番組終了(岩手・宮城・福島の3県を除く)
2012 (平成24.3.16) 「中学生日記」放送最終回
  (平成24.10.1) 受信料値下げ
2013 (平成25.4.1) 「ほっとイブニング」「ニュース845東海」で字幕放送開始
  (平成25.5.27) NHKネットラジオ「らじる★らじる 名古屋」開始
2014 (平成26.3.1) 名古屋放送局テレビ放送開始60年。関連番組・イベントを集中的に実施。
2015 (平成27.7.10) 東海北陸スペシャル「高校野球100年 ふるさとの名勝負」放送
  (平成27.9.19) 放送90年ドラマ経世済民の男(5)「鬼と呼ばれた男〜松永安左エ門」放送