「ニューヨーカーにランドセルを

東海北陸の“地域の宝”の海外戦略を追う「にっぽんまんなかブランド」。
今回はランドセルです。

愛知県は全国のランドセルメーカーの半数が集まる一大産地ですが
少子化が進み多くの会社が苦戦しています。
そんな中、アメリカにランドセルを売りこもうという
思いもかけない挑戦を始めた老舗メーカーがあります。

林さんによりますといまの悩みが価格の設定だそうで輸送費用などが上乗せする分、
現地での値段は有名ブランドのバッグ並みになってしまうそうです。
林さんたちは質を落とさずにもう少し手に取りやすい価格のランドセルの
開発も急ぎたいと話していました。

close