山岳国でチャンスをつかめ

東海北陸の“地域の宝”の海外戦略を追う「にっぽんまんなかブランド」。
今回は、国内で培った土木技術で海外に打って出る中小の建設会社です。
国内産業とのイメージもある土木工事ですが、思いもよらないきっかけでいま、
ある国のインフラ建設を担うまでになりました。

志鷹さんは「山の土木技術」でなら、大手ゼネコンにも負けない自信があると胸を張ります。
技術と人材育成で成長できる。この企業はその可能性を示しています。

close