“下げて”勝負ファスナーメーカーの挑戦

海外進出で成功している各地の宝“売る工夫”に迫ります。
今回は富山県から世界的ファスナーメーカーのインドでの挑戦です。
かぎとなるのは、「あえて“下げて”勝負する」です。

かつて多くの日本メーカーが高付加価値の製品で世界をリードしたものの、その後、価格競争力をつけた海外勢に敗れてきました。こうした中、YKKの戦略が成功するかは、消費者のニーズをどこまでくみ取ることができるかにかかっているといえそうです。

close