中古車部品再利用システム丸ごと世界へ

北陸地方の港は大陸と近く、ロシアなどへの中古車の輸出が盛んです。
こうした地の利を生かして、中古車部品を海外に販売して急成長している会社が金沢市にあります。
成功の秘密は、部品を再利用するための“効率的な管理システム”。
日本で培ったこのシステムそのものを海外に売り込もうという初めての挑戦を追いました。

ブラジルは部品の輸入を産業保護のため制限していて、これも部品の不足につながっているということです。その点でも近藤会長は、リサイクル市場に潜在的な可能性があると話していました。
人材育成のために設けられた大学の専門コースには、すでに現地の解体業者が受講を希望していて、ブラジル政府も自動車のリサイクルの推進につながることに期待しているということです。

close