ケニアで緑茶生産 静岡のメーカーが挑む

日本食ブームで日本茶にも海外の注目が集まる中、アフリカのケニアでは安い紅茶の生産から、単価の高い緑茶の生産にシフトしようという動きが出ています。その支援に取り組む茶業関係者に思いを聞きました。

静岡のメーカー各社は、来月のケニア側の来日の際に、実際に機械を見てもらい、性能の高さを知ってもらったうえで導入に向けて、さらに具体的な協議を進めていくことにしています。

close