マチ工場のオンナ

マチ工場のオトコ

実は「ものづくり」のマチ、愛知県。
自動車、航空機、電子機器などの製造品出荷額は
1977年(昭和52年)からずっと日本一!

そこで愛知県の
「ものづくり」を支えている「マチ工場」へ、
「我が家」坪倉・杉山・谷田部の3人が
訪ねまくるコーナー。
それが「マチ工場のオトコ」。

「我が家」坪倉 由幸 杉山 裕之 谷田部 俊

#4「見たことあるハズ!暮らしを支える縁の下の力持ち」
(大府市)

今回は大府市にある工場へ。さっそく坪倉から谷田部博士に出題が!
坪倉「これはいったいなんでしょうか?」 杉山「見たことあるでしょ」 谷田部「・・・ソフトクリームの置物。」  坪倉・杉山「違うよ!」

  • 3S 物手持ち
    坪倉が手にする“もの”が問題。
  • 指差す3S
    工場でさっきの“もの”を発見!

谷田部「うわぁ~、さっきのがいっぱいある!!」 杉山「すんげぇ~!」 こちらの工場ではさっきの“もの”を1日700個ほど作っている。 坪倉「もう、わかったんじゃないですか?」 谷田部「歩いていると見かける・・・。電柱の上とかにありません?」 坪倉「そう!でも、何するものなの?」 谷田部「それは・・・わからないです」

  • モノ1S
    アップで見ても、わからない・・・。
  • ライン
    ズラッと並んでいる様は壮観!

マチ工場のオトコクイズ

これは何か?

町を歩いているとよく見かけます。
そっと陰で私たちの生活を守ってくれるもの。
私もモノを作ることで、大好きな人たちを守りたいんです。

有元社長のヒント!
答え『カットアウト』

※カットアウトとは、電柱に変圧器と一緒に取り付けられていて、
雷が落ちると自動的に電流を遮断する装置。


  • 変圧器とカットアウト
    そう!電柱の上のコレです! 
  • カットアウトGS
    地域によって形が異なるそう。

カットアウトがないと、雷の高圧電流が皆さんの家庭にまで流れてしまい、
家電が壊れてしまう。それを防いでいるのだ。
杉山「こいつ、陰ながら暮らしを支えているんだねぇ」 坪倉(カットアウトをなでながら)「気持ちいいよねぇ」 谷田部(なでながら)「気持ちいい、気持ちいい」

日頃、目にすることはあっても、
その役割まではなかなかわからないカットアウト。
我が家の3人が言うように、暮らしを陰ながら支える、まさに縁の下の力持ち!
カットアウトについて、やさしく説明いただき、ありがとうございました!!

事務所の前でGS

訪ねた「マチ工場」

日本高圧電気株式会社

〒474-0053 愛知県大府市柊山町8-288