中部の“見たい”“知りたい”“行きたい”に応えます! 金とく NHK総合 毎週金曜日 午後8:00〜8:43 再放送 NHK総合 土曜日 午前10:05〜10:48 金とく

これまでの放送

これまでの放送一覧はこちら放送日時
11月15日(金)午後8:00〜8:43

“赤ちゃん縁組”で命を救え

放送エリア
中部7県

 へその緒がついたまま捨てられたり虐待で亡くなる赤ちゃんが後を絶たない一方で、不妊治療などを行っても子供を授かることができない夫婦は増え続けています。この“命のギャップ”を埋め、赤ちゃんを救う方法として愛知県の児童相談所が行ってきた「新生児特別養子縁組」が注目されています。赤ちゃんは生まれた直後から里親に託され、法的にも実子として育てられます。血のつながりを越えて温かい愛情の中で育まれる新たな親子・家族の姿を伝えます。

出演者

黒崎めぐみアナウンサー
黒崎めぐみアナウンサー
(NHK名古屋放送局)


放送で紹介した情報

3人の専門家との座談会

黒崎アナウンサーが愛知県の新生児特別養子縁組制度に詳しい専門家3人に制度のメリットや課題について聞きました。

★出演者名

矢満田篤二(やまんた・とくじ)さん 元愛知県児童相談所職員 社会福祉士

「赤ちゃん縁組」を31年前に始めた“産みの親”。
退職後も、社会福祉士として養子縁組あっせんや、家族の相談に乗り続けている。


萬屋育子(よろずや・いくこ)さん 元愛知県刈谷児童相談所長 愛知教育大学特任教授

「赤ちゃん縁組」を定着させた“育ての親”。
現在は愛知教育大学で児童福祉について教えている。


友田明美(ともだ・あけみ)さん 福井大学こどもの発達研究センター教授 医学博士

熊本大学医学部卒業後、小児科医として臨床にあたった後、ハーバード大学に留学し、虐待による子どもの脳への影響を研究。
現在は福井大学付属病院で臨床にあたりながら、虐待と脳の関係について研究している。


★愛知県の新生児特別養子縁組制度についての問い合わせ
 愛知県児童相談センター

中央児童・障害者相談センター

〒460-0001 名古屋市中区三の丸2-6-1
電話 052-961-7250

電話相談 子ども家庭110番

電話 052-953-4152(9:00〜17:00 年中無休)


ページの先頭に戻る
Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.許可なく転載することを禁じます。
このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKオンライン 利用上のご注意
名古屋局トップ