東海北陸あさラジオ:ラジオ第1 中部7県向け 毎週月~土 午前7:40~8:00

旬を味わう レシピ詳細:「東海北陸あさラジオ」でご紹介したレシピを紹介しています。

番組で紹介したレシピ詳細

さけの西京焼き
9月3日(月)放送
材料
●2人分●
西京みそ・・・200g
みりん・・・大さじ3

さけ・・・2切れ
塩・・・適量
こんにゃく・・・1/4丁
豆腐・・・1/4丁
エリンギ・・・1/2本
にんじん・・・1/2本
菜種油・・・小さじ2
作り方

1. 西京みそとみりんを混ぜ、みそ床を作ります。

2.さけは軽く塩を振って30分置きます。さけから出た水分を拭き取り、臭みをとります。こんにゃくは塩もみしてゆで、4等分にします。豆腐はしっかり水きりして4等分にします。エリンギは食べやすい大きさに、にんじんは輪切に、それぞれ切ります。

3.ラップを広げ、1.のみそ床の半量を広げます。ガーゼでさけ・豆腐・こんにゃく・エリンギ・にんじんを包みみそ床の上に乗せ、さらに残りのみそ床を塗り、全体をラップで包みこみます。

4.3.を1~2日冷蔵庫で漬け込みます。

5.余分なみそを取り除いた4.の食材を、魚焼きグリルで両面に軽く焦げ目が付くくらいまで焼きます。

さけの西京焼き
さけの西京焼き
一覧へ戻る
さけと焼きねぎのコーングラタン
9月3日(月)放送
材料
●4人分●
さけ・・・2切れ
白ねぎ・・・1本
じゃがいも・・・中2個
ブロッコリー・・・1/3房
塩・・・少々
こしょう・・・少々

【豆乳ホワイトソース】
たまねぎ・・・1/2個
にんにく・・・1かけ
オリーブ油・・・大さじ2
小麦粉・・・大さじ4
豆乳・・・600ml
水・・・200ml
コーンクリーム・・・100g
白みそ・・・大さじ2
塩・・・小さじ1と1/2
こしょう・・・少々

パン粉・・・適宜
パセリ・・・適宜
作り方

1.さけは1切れを4つに切り、白ねぎはブツ切りにします。じゃがいもは皮をむき、1cmの厚さの半月形に切ります。ブロッコリーは子房に分けます。玉ねぎとにんにくはみじん切りにします。

2.魚焼き器でさけとねぎを焼きます。じゃがいもとブロッコリーはゆでます。さけ・ねぎ・じゃがいも・ブロッコリーに塩・こしょうを振ります。

3.豆乳ホワイトソースを作ります。ボウルに小麦粉・豆乳・水を入れて小麦粉を溶かします。鍋にオリーブ油とにんにくを入れて火にかけ、香りが立ってきたらたまねぎを入れて炒めます。ボウルの中身を入れてクリーム状になるまで煮て、コーンクリームを加え、白みそ・塩・こしょうで味を調えます。

4.グラタン皿に2.を並べて上から3.をかけます。パン粉とパセリを振り、オーブントースターで10~15分焼きます。

さけと焼きねぎのコーングラタン
一覧へ戻る
コーナー出演者
鳥居久雄さん 愛知県蒲郡生まれ

【料理を始めたきっかけ】
両親が駅前で食堂を営んでいた影響もあり、小学4年生の時には料理人になりたいと思い、家業を手伝うようになりました。
中学生の時には、お店の常連客の何人かが私の作る料理が食べたいと言ってくださり、毎日のように創作料理を作らせていただいていました。
私の師匠は、明治生まれの頑固な職人で厳しい方でした。しかしその方の料理が私の原点です。
23歳でイギリスのロンドン市内にある料亭で修行する機会を得ることができ、そこでは世界の様々な料理と人との出会いがあり、見聞を広め、本場の料理を直に体験することも出来ました。

【趣味】
料理を作ること、マンガ本を読むこと

廣瀬ちえさん 山梨県甲府市生まれ

【料理を始めたきっかけ】
私の家が商売をしていたので、いつも家には人がいっぱいいました。
そこで、いつもお母さんのお手伝いをしていました。その時から料理の楽しさを感じたので…
仕事にしようと思ったのは、料理を作ること、人と関わることが好きだったので食を通じて社会に役立つことをしたいと思ったからです。
これからも「食を通じて幸せを分かち合う」をテーマに、皆さまに気づきと感動を与えていきたいと思っています。一緒に料理を楽しみましょう。

【趣味】
やっぱり料理です。趣味が仕事になったという感じですが・・・・