ページの本文へ

  1. トップページ
  2. ニュース特集
  3. 熱中症に厳重警戒 猛暑続く

熱中症に厳重警戒 猛暑続く

ニュース特集

2022年7月1日

ことしの夏は、6月から各地で最高気温が35℃を超える猛暑日を記録するなど、記録的な暑さとなっています。特に注意が必要なのが"熱中症"です。熱中症の症状やその見分け方、予防対策などについてまとめました。


目次
最新の気象情報は

まず、お住まいの地域の現在の天気や気温。今後、気温がどこまで上昇するのか、熱中症の危険度を知るページをNHKのホームページで公開しています。
こちらから(NHK防ごう熱中症ページ)

※リンク先は名古屋市のページです。適宜、ご自身の地域に変更してご覧下さい。

※ページサンプル(7/1名古屋市の情報ページ)

熱中症予防のための新たな情報として環境省と気象庁が発表するのが「熱中症警戒アラート」です。令和2年7月から関東甲信地方で、「熱中症警戒アラート(試行)」の発表を実施し、令和3年4月下旬からは全国を対象に運用が開始されています。

熱中症警戒アラートのサンプルです

「熱中症警戒アラート」は、熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に、危険な暑さへの注意を呼びかけ、熱中症予防行動をとっていただくよう促すための情報です。

お住まいの地域に「熱中症警戒アラート」が発表されているかどうかは、環境省のホームページやNHK防ごう熱中症ページから確認できます。

熱中症とは

NHK健康チャンネル熱中症のページはこちら

熱中症は高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

熱中症の初期には、めまいや立ちくらみ、気分が悪い、筋肉がつるなどの軽度の症状が現れます。これは、暑くなると、血液中の熱を外気に排出して上昇した体温を下げるために、末梢血管に血液が集まり、脳や内臓、筋肉などに供給される血液が減少してしまうためです。

熱中症が起こったことに気付かないままでいると、体内の熱が体外に放出しきれず、体温が上昇することで重症化し、頭痛や吐き気、体がだるいなどの症状が現れます。さらに熱中症が進行すると、意識障害やけいれん、ひきつけ、肝臓や腎臓の機能障害、血液の凝固異常などが起こります。最悪の場合、命に関わることがあります。

体外の水分は、吐く息や汗、尿などによって減少しますが、就寝中は水分補給できないため、寝室の温度が高いと熱中症を起こしやすい状態になります。

熱中症の早期発見のためには、初期の症状を見逃さないことが大切です。

ただし、熱中症の初期の症状は、かぜや疲れ、お酒の飲み過ぎなどでも現れることがあり、間違えやすいため、注意が必要です。

NHK健康チャンネル熱中症のページはこちら

熱中症の予防は

▼熱中症予防のポイント(室内)

▽エアコンと扇風機を利用する

暑い日には我慢せずに適度にエアコンと扇風機を使って、室温や湿度を下げましょう。一般に室温が28℃、湿度が70%を超える場合は、エアコンを使用することが望ましいとされています。

▽直射日光をさえぎる

カーテンや日よけシートで窓際の日ざしを遮り、室温の上昇を防ぐことも大切です。

▽こまめに水分補給をする

脱水症状を起こすと、のどの渇きを感じにくくなります。のどが渇く前からこまめに水分補給する習慣をつけましょう。また、大量に汗をかいたときには水分とともに塩分補給も重要です。おせんべいやスナック菓子で塩分をとるのもよいでしょう。

▼熱中症予防のポイント(外出時)

▽外出前に気象情報や熱中症情報をチェックする

暑い時間帯の外出は避け、外出した場合には、こまめに休憩を取りましょう。

▽日傘や帽子を使う

日光が直接皮膚に当たらないようにします。休憩中は帽子を脱いで、汗の蒸発を促しましょう。

▽水分・塩分をこまめに補給

経口補水液やスポーツ飲料で、水分補給とともに塩分補給もしてください。

熱中症の見分け方

熱中症は、暑さで体から水分が失われることで始まる病気です。重症化させないためには『脱水にいかに早く気づけるか』がポイントになります。動画にまとめました。

以下、テキストでも詳しく

熱中症に詳しい済生会横浜市東部病院の谷口英喜医師によると、次のような方法で、脱水になっているかどうかを見分けることができると言います。

1つは爪を使う方法です。

親指の爪の先をもう片方の手で押さえると爪が白くなります。そして手を放したあと健康であれば、すぐに赤みが戻ります。押さえていた手を放しても、3秒以上白いままならば『脱水』を起こしているサインだということです。『脱水』により体の中の水分が減少することで、血流の回復が遅くなるためです。

手の甲でも調べられます。

若い人は手のひらを広げた状態で、お年寄りは握った状態でしわを伸ばしてから、手の甲の皮膚をつまんで放し、元に戻るまでに3秒以上かかれば『脱水』が疑われます。

舌の状態で見分ける方法もあります。

健康な人の舌は色が赤く表面はなめらかです。
『脱水』を起こした人の舌は色が赤黒くなり、表面がかさかさしたり、亀裂のようなものが入ったりします。

脱水が疑われたときの対応としては、体が吸収しやすい「経口補水液」を飲むのが効果的とされています。市販されていて、体に必要なナトリウムイオンなどの電解質がバランスよく含まれています。経口補水液は家でも作ることができ、分量は水1リットルに対して、▽食塩が3グラム、▽砂糖が20グラムです。水と電解質の吸収をよくするため糖分を加えるのがポイントで、しっかり溶けるまで混ぜる必要があります。レモンの果汁などを加えると飲みやすくなるということです。

この記事に関連するタグ