2018年10月24日 (水)トロピカルフルーツ【飯沼祐月】


みなさん、こんにちは!リポーターの飯沼です。
10月22日(月)のゴジらじ通信でご紹介した田原市のトロピカルフルーツ農園で
実っていたフルーツをご紹介します。

まずは、ジャボチカバ。
gojiradi39.JPG
木の幹にぶどうのような実をつけるとても不思議なフルーツ。
実のすぐ近くにある白色のモコモコしたものがお花、緑色の実が紫色になると食べごろです。
ぶどうのような味がして、すごくおいしいそうですよ!

つづいて、アテモヤ。
gojiradi40.JPG
緑色でゴツゴツした見た目ですが、中身はとっても甘くて、森のアイスクリームと言われているそうです。

そして、リュウガン。
gojiradi41.JPG
銀杏の実のようですが、ライチの仲間。
中国では漢方薬にも使われているフルーツだそうです。

ジャングルのようなハウスを探検しながら、めずらしいフルーツを見て楽しめます!
このトロピカルフルーツのジャングル探検ツアーは、
田原市主催の「たらは巡り~な」の体験プログラムの1つとして行われています。

ぜひ、魅力いっぱいの田原市におでかけください~!!

投稿者:飯沼 祐月 | 投稿時間:10:38


ページの一番上へ▲