2017年11月15日 (水)土曜の朝は朗読を【石垣真帆】


こんにちは、石垣真帆です。

 

土曜日の朝、あなたは何をしていますか???


・・・7時半から、NHK総合テレビの『ウイークエンド中部』を見てる?


ありがとうございます、ありがとうございます。

私が担当しているラジオ第1『夕刊ゴジらじ』金曜日に
毎週毎週番組宣伝にやってくる「ういちゅ~」チームの
梶原典明アナウンサー水島奈緒キャスター
大喜びすることでしょう。

 

でも、実はですね。
その時間帯は、ラジオ第1でも、
名古屋放送局のアナウンサーが
東海北陸あさラジオ』をお送りしているのですよ。

その『東海北陸あさラジオ』、
今週18日(土)は私石垣が担当した朗読をお届けする予定です。

P1150701.JPG

愛知県出身の作家、稲葉真弓さんが書いた
「還流」(かんりゅう)という作品の一部を読みました。

舞台は木曽三川の下流、輪中地帯。
そこに生きる3世代の女性を描いた物語です。

小学校の教科書に出てきた「輪中地帯」。
川よりも低い土地で生活する人がいるんだ・・と驚いた記憶がありますが、
縁あってこの地域で暮らすようになってから
さらに興味が沸きました。
輪中の人々は、先祖代々、
どんな思いで川と運命を共にする暮らしを営んできたのだろう。
そんなことを考えながら、
実際に揖斐川、長良川、木曽川の堤防を歩いてもみました。

そんな気持ちもこめて読んだ物語。
お聴き頂ければ嬉しいです。

って、実はまだ自分の朗読を聴いておらず・・・
一体どんな風に仕上がっているのでしょう・・・
人によって違うようですが、私の場合は
読んでいる時の自分の感覚と、収録されたものを聞いた時の感触が
一致することがあまりなく。
ああ不安。ドキドキです。


9月末、収録の日の写真です。
前列中央の大沼ひろみアナウンサーから、ともに指導を受けた皆さん、
事務局を担当してくださった浅野正紀アナウンサーと一緒に。

P1150699.JPG


私の放送は11月18日ですが、
まだまだ
12月30日には富山局の竹野大紀アナウンサー
来年3月24日には名古屋局の三輪秀香アナウンサー

の朗読が続きます。

こちらもどうぞお楽しみにーーー!

投稿者:石垣 真帆 | 投稿時間:13:38


ページの一番上へ▲