2017年04月13日 (木)「防災 これを!」⑫ 危険な時は「避難"場"所」に逃げる !!【石垣真帆】


ラジオ第1『夕刊ゴジらじ』で毎月1回お届けしている

「防災士 石垣真帆の 防災 これを!」

私が防災士として学んだ中から「これは覚えておきたい!」と特に感じたことを、

番組リスナーのあなたにお伝えしていくコーナーです。

3月27日放送回のテーマは、

「いざという時に逃げる“避難場所”を把握しよう!」

これ、簡単なようですが・・・

実は、きちんと理解して気を付けなければいけないトラップが、

2つあるのです。

 

1つめのトラップ。

 

質問です。

 

 

あなたは

「避難所」 と 「避難場所」 は、違うもの 

って、知っていましたか?

 

 

よく似ているこの2つ、

実は目的がまったく違うものなのです。

「避難場所」は、災害で命の危険が迫った時に身を守るために逃げる場所

「避難所」は、被災後の生活を送るための場所

 

「避難所」は、確実に安全な場所に指定されているとは限らないので、

必ずしも危険が迫っている時に安全とはいえず、

命が危ない場合もあるのです。

 

いざという時、命を守る為に逃げる場所は「避難場所」。

「避難所」と「避難場所」、

どっちがどっちかわからなくなったら・・・

「避難場所」・・・「避難所」

危険な時にっと逃げる「避難 所」

 

って覚えてみるのも、オススメです。はい。

 

ですから、自宅や学校、職場の周りで、

いざという時に逃げる場所を探す時は、

お住まいの自治体が出しているハザードマップなどで

「避難場所」の位置を確かめましょう。

 

※補足※

・自治体によっては、「避難場所」を別の呼び方に変えている所もあるので、
 ハザードマップなどで「避難場所」が見当たらなければ、
 代わりにどんな呼び方になっているか、
 お住まいの自治体に確認してください。
 (「避難場所」の機能を持つ場所は必ず指定されています)

・川沿いの地域で、洪水に有効な「避難場所」が無い場合は、
 直接「避難所」に逃げるように指定されている市町村もあります。

・「避難所」が「避難場所」を兼ねている場合は、
 その施設への避難で大丈夫です。

 

 

そして、2つめのトラップ。

せっかくハザードマップなどで「避難場所」をみつけても、

「どんな災害の時でも安全」とは限りません。

 

なぜか?

 

地震、火災、洪水、内水、土砂災害、津波・・・

「避難場所」には、それぞれ、適している災害が決まっているからです。

 

つまり、

▼住宅が密集している所にある「避難場所」は、大規模火災の避難には適していない、

▼土地が低い場所にある「避難場所」は津波や洪水や内水氾濫には適していない、

というようなことです。

 

だから、避難場所の位置がわかったらもう安心!ではなく、

もう一歩進んで、

「その避難場所が、どの災害に適しているか」

まで、わかっておく必要があるのです。

 

ハザードマップや、自治体のHPで、わかるようにしてあるはずなので、

調べてみましょう。

 

・・・でもですね、

実際は、「調べようとしてもわかりにくいーーーーー!」

というのが私の実感。

 

そういう場合は、自治体に電話して聞きましょう!!

「この災害の時は、一体どこに逃げたらいいのでしょう?」

「じゃあこの災害の時は?」

「この災害の場合は?」

 ・・・・と。

自分の命は自分で守る、そのために、

必ず確認しておいてくださいね。

投稿者:石垣 真帆 | 投稿時間:18:57


ページの一番上へ▲