2014年03月12日 (水)福井ーーー!【石垣真帆】


行ってきましたー 福井!
そして「東海・北陸文学紀行」!!
(NHK福井局主催の朗読イベント、公開録音です)

3月7日(金)朝から、
愛しの「夕刊ゴジらじ」生放送と神門光太朗センパイを名古屋に残し、福井へ。
(この文章の「愛しの」はどこまでかかるのかしら)

 

 

JR福井駅の傍らに立つ複合施設「アオッサ」に向かい、P1040602.JPG

P1040603.JPG


8階の福井県県民ホールへ。
P1040589.JPG

 その日はリハーサルを行い、内藤啓史先生(アナウンサー)の指導を受け、
夕方5時からは「夕刊ゴジらじ」に電話出演。
静岡局から来ていた、下境秀幸アナウンサーにも出てもらいました。
(神門アナの同期!盛り上がってました♪)


 

夜には、初めて福井局にも訪問!
fukuikyoku.JPG
雪がじゃんじゃか降ってました。(あまり積もらない雪でしたが)



そして迎えた3月8日(土)、
午後1時40分からいよいよ開演。

 

客席はほとんど埋まって、会場は独特の熱気に包まれます。

私の読む名古屋テレビ塔を舞台にした作品「街灯りの向こうに」は第1部の2番目。
もうすぐ結婚する女性が 疎遠になっていた父と心を通わせるというストーリー、
なかなか嫁入りできない私ですが、嫁入り前の女子の気持ちを思いっきり妄想しながら語りましたよーー。

音響効果の小野寺さんが考えてくれた素敵な音楽ともうまく合わせられ、
ちょっとした手の動きもつけて、
クライマックスでは感極まって思わず涙声に。
(終わった舞台袖で、演技でしょ!! とつっこまれましたが、さて・・・)

ゲストの高橋愛さんも結婚されたばかりだったということで、
読み終わったあとのトークも盛り上がり。
そして、前の週の公開生放送でテレビ塔にやたら詳しくなっていた私、
テレビ塔についても熱く語ってしまいました。
  ↑ 会場に「夕刊ゴジらじ」のリスナーさんが来て下さっていたようで、 
 
  ツイートに、熱く語る姿が印象的だったと・・・(^^) 
  
 ご来場、ありがとうございました!!
司会進行は福井局の、料理が得意な今道琢也アナウンサー
第2部の、エッセイストの酒井順子さんもお迎えしての
越前ゆかりの「源氏物語」を味わうトークも、深くて面白くなりましたよ♪

ぜひ、この様子は、
今週末土曜日夜、NHKFMで!!

3月15日(土)NHKFM 
午後7時20分~9時(中部7県向けの放送)
です!
 ※中部7県以外の方は「らじる★らじる 名古屋」で!全国どこからでも聴けますよー

 終演後、出演したみなさんと。
shugo.jpg



それにしても、

この滞在中2日間、めまぐるしく変わった福井の空。

福井局に勤務経験のある下境アナいわく「この時期には珍しい」青空、
そして夕焼けが見られたかと思ったら、

風花が舞ったり、
大きな雪片がワサワサと降ってきたり、
小さなツブツブの霰が落ちてきたり。

特に霰は初体験!(←と言ったら「おはよう東海」の堀江万喜気象予報士にビックリされた^^)
傘にあたるパチパチという音と、手ですくっても溶けない感触が 新鮮でした。

P1040608.JPG


普段、愛知・岐阜・三重の天気ばかりお伝えしていますが、
「あ~これが北陸の冬の天気なのかぁ」と
気象予報士イシガキマホとしても、貴重な体験ができた福井の2日間でした!

投稿者:石垣真帆 | 投稿時間:11:34


ページの一番上へ▲