2012年07月19日 (木)節電に一役買います! 瓦で緑化【浅岡理紗】


  
 節電意識が高まる昨今。夏に向けて節電に一役買うモノづくり取材しました!

日本一の瓦“三州瓦”の産地である、愛知県三河地方では、
瓦と“コケ”を組み合わせたユニークな瓦を作っています。

それがこちら!KOKE.JPGまるで表面にコケが生えているよう!?
瓦屋根を緑化しようという、コケ瓦。
一般的に屋上緑化と言うと、芝生をイメージしますが・・・
実は、コケってスゴイんです。

スナゴケというコケで、熱にさらされて乾燥しても、死ぬことはありません。
空気中のわずかな水分を吸収し、生きているのです。
ですから、人為的な水やりもいらず、芝刈りのような剪定もいりません。まさにメンテナンスフリー!

 このスナコケを瓦の表面に乗せるために、瓦の形状も工夫。
通常の瓦とは違う、表面に溝がある瓦を制作し、その溝にコケシートを埋め込んでいます。
伝統的な瓦の技術があったからこそ、新たな分野にチャレンジ出来たのです。

 

撮影では、一般的な瓦とコケ瓦の温度変化の実験を行いました。
ライトを30分ほど照射すると・・・その温度差は20度以上もあったんです!

瓦の街の伝統と、エコの融合で新たな市場を開拓しています

 

 

投稿者:浅岡 理紗 | 投稿時間:14:50


ページの一番上へ▲