2009年6月

「身近に学ぶ国際協力☆」


名古屋駅の近くに移転した国際協力機構、JICAに、6月1日、新たな施設『なごや地球広場』がオープンしました!!

 

オープン当日は、久しぶりの“生中継”で施設の概要をお伝えしました。
実はこの施設、国際協力を身近に感じられる工夫が沢山盛り込まれているんです☆
海外で現実を直接目にしてきたスタッフの皆さんが、「どうすればよりわかりやすく伝わるか」とアイデアを重ねて作り出しました。
展示物を見たり、触れたり、聞いたりして、国際協力が身近なものだということがよくわかります。

tujimoto-0630-01.jpg

例えば、サッカーボールの裏に付いたバーコードを専用の機械に読み込ませると、「世界のサッカーボール事情」がモニターに表示されます。

『手縫いのサッカーボールの多くは、発展途上国の幼い子どもたちの手で作られてきた』

この事実を知って、とても大きな衝撃を受けました。
私たちが遊ぶための道具を、遊び盛りの子どもたちが作っている・・。

この事実を知ったからと言って、何も変えることはできないかもしれませんが、「知る」ことで、物を大切にする思いが芽生えたり、遠い外国で暮らす子たちに思いをはせたり。
そう思う人が増えれば、何か変わるかもしれませんよね。
そのためにも「知る」ことの大切さを改めて感じました。

そんな「なごや地球広場」に、いま“1本の木”が大きく育っています。

それは、この施設を訪れた人が『自分の感じたこと』を書き残す木です。
よく見ると「自分ができることからコツコツと」「世界中の人が“幸せ”と言えるように」など、「知る」ことで、思いを強く持った人が大勢いることがわかります。

tujimoto-0630-02.jpg

皆さんも、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

投稿者:辻本 瑠美奈 | 投稿時間:12:54 | カテゴリ:辻本 瑠美奈のこぼれ話 | 固定リンク


「平和を願った100年もつ折鶴」


輝く折鶴、これは、キラキラの折り紙でおったのではありません。
銅板でおった鶴です!

kitazawa-0616-01.jpg

先日の東海の技ではこの銅板折鶴を作っている建築板金の職人さんをご紹介しました。
職人河田さんは、とっても親切に、何度も何度も同じ鶴を作ってくださいました。
撮影のために作ってもらった鶴は3つ。
その技をカメラに収めるべく、いろんな角度から撮るために作っていただきました。
(河田さん、ありがとうございました!)。

つくった鶴はというと、戦後60年の時に広島と長崎に千羽鶴にして送ったり、愛知・岐阜・静岡などにも送っているそうです。
時には、新城市にくる留学生にプレゼントすることも☆
すべては平和を願ってのことです。
kitazawa-0616-02.jpg

「折り紙よりも長持ち。100年はもつと思うよ」。と話してくれた河田さん。
平和への思いはきっと、100年後の人たちにも伝わるはずだと感じました。

kitazawa-0616-03.jpg

投稿者:北澤 実季 | 投稿時間:14:34 | カテゴリ:北澤 実季のこぼれ話 | 固定リンク


「『家族写真』」


先日、リポートで三重県出身の写真家・浅田政志さんを取材しました。

tujimoto-0616-01.jpg

誰もが見たことのあるようなシーンを、ご両親、お兄さんと一緒に家族4人で再現して、セルフタイマーで撮影するというユニークな手法で注目されています。
ことし4月には「木村伊兵衛写真賞」という権威ある賞にも選ばれ、まさに活躍中の写真家さんです☆
実は、いま名古屋市で浅田さんの展示会が開かれているんですよ。
浅田さんの写真は、どれも「くすっ」と笑ってしまうようなものばかり♪
そしてなぜか、元気をもらったり家族の大切さに気づかせてくれたりする“独特な魅力”があるんです。

展示会の注目は、浅田さんと同じ手法を体験できるコーナー。私も体験してみました。
特別に浅田さん本人にアドバイスしてもらいながら撮影しました!

『夏のビーチ』をイメージしたセットなのに、浅田さんが用意したのはなぜかレインコートと傘・・???。
そして、板を使って私に風を送り始めました。

tujimoto-0616-02.jpg

浅田さんが作りだしたかったシチュエーションは、『台風中継』だそう☆
背景は晴れてるんですけどね・・(笑)
この誰も思いつかないような発想力が見る人の心をつかむのかもしれませんね。

tujimoto-0616-03.jpg

これからもご家族みんなで素敵な写真を撮ってくださいね!!

※浅田さんの写真展は、6月29日まで。
 名古屋市中区のパルコギャラリーで開かれています。

投稿者:辻本 瑠美奈 | 投稿時間:13:01 | カテゴリ:辻本 瑠美奈のこぼれ話 | 固定リンク


「夢を紡ぐ」


今年度から始まった「夢を紡ぐ」のコーナー。
先月、西尾市で活動する障害者のダンスチーム「mixjam」を取材してきました。

彼らには障害がありますが、そんなことみじんも感じさせないダンスパフォーマンスです。とてもかっこよくて、私も一緒に踊れたらいいのに~と思ってしまうほどでした。

kitazawa-0604.jpg

しかし、先生にお話を伺うと、最初から踊れたわけではなく当初はまっすぐ歩いて、リズムをとることも難しかったそうです。
それでもあきらめずに、一つ一つ積み重ねたことで、歩けるようになったり、激しいヒップホップダンスを踊れるようになったそうです。

取材中も、生徒さんたちの笑顔がとても印象的でした♪

他のダンスチームとのコラボレーションが実現したmixjam。
今度の夢は、それぞれの好きなアーティストのバックで踊ることです。
夢に向かう姿をこれからも応援したいです☆

投稿者:北澤 実季 | 投稿時間:14:39 | カテゴリ:北澤 実季のこぼれ話 | 固定リンク


「アチョ~~~~!!」


5月の「体験スポーツ!」。
今回は『アチョ~~~~!!』でおなじみのブルース・リー気分を味わえる「スポーツヌンチャク」に挑戦しました☆

本来のヌンチャクは、木製で固くて重いので、振り回したらとても“危険”です。
そこで、やわらかい素材のヌンチャクを使って競技化したのが、「スポーツヌンチャク」です。
中学生から50代まで、男性だけでなく女性も練習に参加していました。

実はこの競技の考案者が名古屋の人!
武道家の桑原誠さんです。
空手、柔道、剣道、キックボクシング・・と様々な競技に取り組んできた人です。

tujimoto-0603.jpg

事前の下見であまりの迫力に『これはムリ!!』と思ったのですが、撮影では、負けず嫌いのせいか、桑原さんに勝負を挑んだのでした・・。
(こてんぱんに打たれたのは言うまでもありません。)

でも、思いきりヌンチャクを振るのは、爽快!
試合でも普段と違う興奮状態!!で、心も体もすっきりしました♪

昔ブルース・リーに憧れたと言う人。
日頃のストレスを発散したい!という人。
一度体験してみてはいかがでしょうか。


※次回の『体験スポーツ!』は、6月26日の予定です。
 お楽しみに~☆

投稿者:辻本 瑠美奈 | 投稿時間:13:14 | カテゴリ:辻本 瑠美奈のこぼれ話 | 固定リンク


ページの一番上へ▲