2011年03月02日 (水)M地さんの指摘 【神門光太朗】


前回の神門ブログの内容について、

NHK名古屋放送局で働く

M地さん
から指摘がありました。



前回の神門ブログが、こちら。
↓↓↓↓↓
__________________________

店員さんが運んでくる味噌煮込みうどんには、
大抵、フタがついています。
そして、
店員さんは、すぐさま、こう言います。
「フタをお取りしますね」
なぜだ!
なぜなんだ!
運んできてすぐにフタを外してしまうのなら、
なぜ、最初からフタを外した状態で持ってこないのでしょうか!?
__________________________


これを読んだM地さんは、
私のところへ駆け寄り、興奮気味に、こう言いました。

「味噌煮込みうどんのフタは、小皿がわりに使うものなのよ。
 だから、店員さんがそれを持っていこうとしたら、
 全力で止めなきゃダメなのよ!
 フタを持ってかれちゃったら、
 もう二度と戻ってこないんだから!
 フタはフタたび、帰ってこないんだから!」
 
・・・だそうです。

これからは、全力でフタを守ることにします。


ちなみに、
M地家には、味噌煮込みうどん用の小鍋が10個もあるそうです。
彼女は、「1人1個がナゴヤの常識!」と言い張っていましたが、
あなたのお宅も、そうですか???

 

さて、フタといえば・・・

NHK局内用語に「フタをする」という言い回しがあります。

たとえば・・・
<NHK名古屋で放送しない番組>のPRスポットが東京から全国放送で流れる場合、
NHK名古屋では、別のものに差し替えて放送しなければなりません。
こんなとき、編成部の担当者は、
「●時●分からの30秒間は、名古屋でフタをします」と言うのです。

 

さらに、フタといえば・・・
梶原典明アナウンサー(NHK津)
あたフタしながら準備を進めてきた

「朗読特集 東海北陸文学紀行」
公開収録が、先週末、無事終了しました。

会場にお越しくださったアナタ! ありがとうございました。
400近く用意した席が、ぎっしり埋まって嬉しかったです。

アナウンサーの朗読と
女優・浅野温子さんの よみ語り

3月19日(土) 午後1時5分から
 NHKラジオ第1(東海北陸地方のみ)で放送します。



kandotsukyoku.jpg自分たちが朗読をするわけでもないのに
会場にやってきた
熱心な「NHK津のWマリ」
(太田磨理、加藤真理)

津局アナ・キャス日記は →こちらをクリック

投稿者:神門 光太朗 | 投稿時間:11:30


ページの一番上へ▲