2012年08月21日 (火)学生たち! 【神門光太朗】


先日、仕事帰りに混み合った電車に乗っていると、
途中の駅で、5人ほどの女子学生たちが
乗り込んできました。

ほどなく、彼女たちはパンを取り出し、
パクつき始めました。


「これ、おいしくなくなくなーい?」

「おいしくなくなくなーい!きゃははー」




私は心の中で・・・



 

「電車で食事とはナニゴトか!!!!
 その前に、
 おいしくなくなくなーいというのは、
 おいしいのか
 まずいのか、
 どっちなんだ!?」と叫びました。

あ、あくまでも、叫んだのは心の中で、です。
実際には声を発していません。

 

しかし、やはり、
彼女たちの行動は
注意したほうがいいのではないか。

周囲の乗客たちの間にも、そんなムードが漂っていました。

 


でも、どうやって注意したらいいのだろう。

私の脳内でシミュレーションが始まりました。

 

(※以下、脳内の会話)

神門 「君たち!電車での食事はみっともないだろう」

学生 「なんなの!オッサン」

神門 「オッサンとはなんだ。オニイサンと言いなさい」

学生 「っていうか、駅弁はどこで食べろっていうのさ」

神門 「そうだな。駅弁は電車の中で食べるよな」

学生 「じゃあ、電車でパン食べたっていいじゃーん」

神門 「でも、混み合った車内で食べるのはよくないよ」

学生 「帰省ラッシュの新幹線で、駅弁食べちゃいけないのー?」

神門 「それはだな、うーん・・・。
     ロングシートの電車はよくないんじゃないか・・・。
     いや、何がよくて、何がダメなんだ・・・。
     オジサンはよくわからなくなってきた。
     また今度、話そう」


あー、この注意の仕方はダメだ。
最後は、自分がオッサンであることを認めてしまってるし・・・。


別のアプローチを考えよう。

 

(※ふたたび、脳内の会話)

神門 「君たち!立ち食いはよくないだろう!」

学生 「なんなのオッサン。立ち食いそば屋はどうなるのよ」

神門 「立ち食いそば屋はダナ、そういう文化なんだ。
     忙しいときに、サッと食事を済ますために考案された、
     そういう文化なんだ」

学生 「文化だったらいいのかよー」

神門 「立ち飲みっていうのも文化なんだ。
     サッと飲んで、サッと帰れる」

学生 「立ち飲みだかなんだか知らないわよ」

神門 「いや、待てよ。
     この前、○○先輩たちと立ち飲み屋に行ったときは、
     4時間も立ったまま飲んでたなぁ。
     サッと飲んで、サッと帰るわけじゃないな」

学生 「ナニ、ごちゃごちゃ言ってんの?
     付き合いきれないわ。無視、無視・・・」

 

あー、これもダメだ。

 

 

 

・・・と脳内だけで注意しているうちに、
電車は、私の降りる駅に到着。

 

 

オッサンは注意できなかったけど、
やっぱり混み合った電車で食事をするのは
よくないと思います。

気をつけましょうね。

 

と、オッサンが
若いみんなのことを気にするのは、
応援したいからなんです。

若者、フレフレ!

 


フレフレ???

 


フレ☆フレ!

 

『ティーンズプロジェクト フレ☆フレ』!!!!

 


あす(22日)は
『ティーンズプロジェクト フレ☆フレ』でもおなじみ、

平野綾さんがNHK名古屋にやってきます。


あす(22日)午前11:30から
『さらさらサラダ』公開収録を
 NHK名古屋1階プラザウェーブ21で行います。

夏休み中のティーンズの来場も待ってます!

 



かんどーブログ文末企画
 「かんどのつぶやき」

10才から19才は10代。
20才から29才は20代。
30才から39才は30代。
では、0才から9才は、0代???

投稿者:神門 光太朗 | 投稿時間:13:10


ページの一番上へ▲