2012年02月29日 (水)うるう秒 【神門光太朗】


うるう日のきょう(2月29日)、
『さらさらサラダ』のオープニングで話したのは

「うるう秒」のこと。


 

暦(ジャスト365日)と
地球の公転(365日+5時間48分46秒)とのズレを
4年に1度 調整するのが、うるう日(2月29日)ですが、
それでも発生してしまうズレを秒単位で調整するのが
「うるう秒」です。

今年7月に、3年半ぶりの「うるう秒」に出会えるというのです。


普通、1分は60秒ですが。

2012年7月1日
午前8時59分
は、
00秒から60秒までの61秒間になります。


24時間ずっと
秒単位で動いているNHKの放送は、
その瞬間、どうなるのでしょうか。

ラジオの時報はどうなるのでしょうか。

ぽっ、ぽっ、ぽっ、ぽーん が
ぽっ、ぽっ、ぽっ、ぽっ、ぽーん になるのでしょうか。

7月1日まで
この「うるう秒」のことを覚えていたら、
リポートしたいと思います。


でも、たぶん、私は忘れてしまうと思うので、
記憶力に自信のある方は、
6月末ごろに、
「おい、うるう秒のこと忘れてないだろうな」と
私に声をかけてください。

 

そして、
きのうのブログで書いた「ご迷惑様です」について。
さらさらサラダツイッター(NHKサイトを離れます) に
コメントをいただき、ありがとうございました。

「ご迷惑をおかけしました」などと
もっと丁寧に言った方がいいという、
「ご迷惑様はちょっと・・・」というご意見が多い中で、

特に印象的だったコメントが、
「時間が限られているからご迷惑様を使うのは仕方無いが、
声を発するときに気持ちを込めるべし」というもの。


「ことば」で仕事をしている身として、
すべてに気持ちを込めて
発声しているかどうか、ドキリとするご意見でした。


自分自身、時間に追われて、
つい ぞんざい な言葉づかいに
なっていることはないだろうか。

例年より1日多い うるう日に、
ふと立ち止まって考えました。


・・・と、きょうもまた、
かんどーブログらしからぬ真面目な文末であります。

 

 

かんどーブログ文末企画
 「かんどのつぶやき」

「ぞんざい」という漢字はないんだなあ。
辞書をひいても、出てこなかったよ。

投稿者:神門 光太朗 | 投稿時間:17:44


ページの一番上へ▲