2016年08月08日 (月)体温超えの猛暑に厳重警戒【寺尾直樹】


きのう7日は立秋を迎え、暦の上では秋に入ったものの

暑さのほうはこのところ日に日に厳しくなってきています。

特にきょう8日は岐阜県多治見市でこの夏の全国最高39度7分を記録したのをはじめ

名古屋も今年最高37度8分を観測。広い範囲で体温を上回るような

猛烈な暑さとなりました。

午後2時半過ぎ、ほっとけんと外に出ましたがとにかく厳しすぎる日差しでした。

帽子の用意がなかったので小さいタオルで強い日差しを直接浴びることを防ぎました。

これだけでもだいぶラクに感じました。

atui2.JPG

 日なたで観測した気温は41度8分。

atsui1.JPG

 一方、日陰は38度1分。3度以上違いがあります。

atsui3.JPG

このためやむを得ず猛暑の時でも外に出る場合は

炎天下に長時間いることは避け意識して日陰に入ることが大切です。

 もちろん日陰でも暑いことには変わりありません。

汗は出続けてしまいます。

その分を補うためにいつでもどこでも水分塩分をとれるように!

atsui4.JPG

atsui5.JPG

体温を上回るような猛暑はあす9日も続く見通しです。

お年寄り、体調がすぐれない方はもちろん、そのほかの方も

炎天下での長時間の外出はできるだけ避けることが大切です。

さらに8日発表された気象庁からの情報では少なくとも

来週までは気温の高い状態が続く見通しです。

適切に冷房を使用しながら睡眠を十分に確保し栄養も摂取して

猛暑に負けない体力を維持していくことも重要かと思います。

投稿者:寺尾 直樹 | 投稿時間:16:24


ページの一番上へ▲