2011年04月26日 (火)江南うまれの家具【北澤実季】


4月最初の東海モノ語りは、

江南の生地を活かした家具カーテンを紹介しました。

オシャレな千鳥格子の模様の座イス

CO-NAN2.jpg

厚手の生地の肌触りがよくて
すっかりくつろぎモード・・・。

中身は直径1ミリのビーズですが、
生地がしっかりしてるから、形も崩れず、背もたれがピッと立つのだそう。

 

そしてカーテンは、縫い目がない!!

DSC00598.JPG

 

裏返しても・・・

DSC00600.JPG

縫い針の穴からが漏れる!という欠点を克服。


布地の美しさも味わってもらいたいという思いも込められています。

江南地区は、カーテンや椅子張りに使う生地の生産が盛んな地域です。
しかし、あまり知られていないため、

江南を前面に打ち出して製品を出していこう!
江南商工会議所の人が中心となって、

生地メーカーやデザイナー、縫製会社のアイディアや力を結集して作り上げました。

DSC00593.JPG

★家具づくりを担当 滝川さんご夫妻 商工会上野さん★

DSC00605.JPG

★カーテンづくりを担当 伊藤さん★

今後も、生地を活かした製品づくりに取り組むそうです。
町が発信する新しいインテリアに注目です!

投稿者:北澤 実季 | 投稿時間:12:20


ページの一番上へ▲