おすすめ番組

画像

英雄たちの選択
「去るか!とどまるか!悲劇のキリシタン弾圧
 〜天正遣欧少年使節・知られざるその後〜」

[全国放送]2月9日(木) [BSプレミアム]午後8:00 〜 8:59
[全国放送]2月16日(木) [BSプレミアム]午前8:00 〜 8:59(再放送)

1614年、徳川幕府はキリスト教の禁教令を発布し、すべての宣教師に国外追放を命じました。この時選択を迫られたのが、原マルチノ。天正遣欧少年使節として、ローマ教皇と謁見した人物です。日本を去るか?とどまるのか?戦国時代に日本に広まったキリスト教。合戦に明け暮れ、いつ命を失ってもおかしくない時代、人々は来世で幸せになることを求めました。イエズス会はそんなニーズに応え、次々と信者を獲得。その数は60万人にも上りました。この日本人キリシタンたちの精神的な支えになっていたのが、原マルチノです。語学堪能で交渉上手。まさにイエズス会を背負って立つ日本人宣教師のエースでした。そのマルチノに、イエズス会から命令が下されます。徳川幕府の禁教令に応じ、マカオに退去しろというのです。指示に従い国外退去すれば、日本の信者を見捨てることになり、国内にとどまれば、大恩あるイエズス会を裏切ることになります。信者をとるのか、組織をとるのか、イエズス会と一般信徒の間で、苦悩し続けた原マルチノ。キリスト教が爆発的に広がった社会背景や、当時の問題点を描きながら、人間は現実と信念の狭間で、どんな道を選ぶのか、天正遣欧少年使節のエースの決断に迫ります。

【英雄たちの選択】サイト http://www4.nhk.or.jp/heroes/


画像

「旅ラジ!」

[全国放送]2月13日(月)〜2月16日(木)[R1・FM]午後0:30 〜 0:55

13日(月)  佐世保市:【何事も、伝えないと伝わらない】
佐世保市の九十九島パールシーリゾート「海きらら」前からお伝えします。去年、九十九島特命宣伝部長に就任した「ジャパネットたかた」創業者の田明氏をゲストに迎え、佐世保の魅力を聞くとともに、ご自身の哲学である「何事も、伝えないと伝わらない」ことを中心に、これまでの半生を振り返って、話を伺います。

14日(火)  大村市:【日本一の農産物直売所の魅力】
大村市の農産物直売所「シュシュ」からお伝えします。「おおむら夢ファーム シュシュ」は、2015年に全国23000ヶ所の直売所の中で最も高い評価を受け「全国一の農産物直売所」に選ばれました。これは、地域との交流や新規就農者の受け入れ、加工品の販売などの取り組みが総合的に評価されたもの。元々地元の農家8軒で始め、年間49万人が訪れる全国一の直売所の魅力を紹介します。

15日(水)  長与町:【離島を見ると、日本の現実が見えてくる】
長与町にある長崎県立大学の「しまなびプログラム」についてお伝えします。長崎県立大学では、新入生必須のプログラムとして、毎年「しまなびプログラム」を行っています。これは、離島を多く抱える長崎県の島での生活を通して、地域の抱える課題を考えるというものです。1年生の数名がグループで離島に滞在し地域の人たちと共に課題に取り組むことで成長を促します。離島が多い、長崎の大学ならではの試みについて長与町民体育館前から紹介します。

16日(木)  長崎市:【軍艦島資料館リニューアルオープン。元島民に聞く】
長崎市野母崎の軍艦島資料館前からお伝えします。去年7月、軍艦島を5キロ沖に望む長崎市野母町の軍艦島資料館がリニューアルオープンしました。世界遺産に登録された軍艦島(端島)の資料を多数展示しています。 資料館を紹介し、かつて炭鉱の島として栄えた当時の生活の様子を、島で生まれ育った元島民の方に伺います。

【旅ラジ!】サイト http://www.nhk.or.jp/tabi-r/


画像

もしも長崎が日本の中心だったなら・・・ 「肥満大国!ながさき」

[長崎県域]2月17日(金) [総合]午後7:30 〜 7:56
[長崎県域]2月18日(土) [総合]午前10:55 〜 11:21(再放送)

長崎県の肥満度が、男性全国1位、女性2位という衝撃的なデータが、厚生労働省が発表した「国民健康・栄養調査」の統計で明らかになりました。そう、長崎は肥満大国なのです。みなさんご存じのとおり、肥満は病気の予備軍であり、脂質異常症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病にかかるリスクを2倍以上にしてしまいます。
そこで番組では、長崎人500人以上に食生活などのアンケートを実施。長崎特有の肥満の原因を明らかにするとともに、その解消法を紹介。長崎人の健康を応援します。


画像

ひるブラ「早く!美しく!ブラジャー工場 〜雲仙市〜」

[全国放送]2月22日(水) [総合]午後0:20 〜 0:43

今回のひるブラは、40年以上ブラジャーを作り続けている国内最大規模の工場を訪ねます。女性にとっては身近、でも男性にとっては未知!?のブラジャーはいったいどうやって作られているのか、その舞台裏を大紹介!
ここで作られるブラジャーの数1日およそ6000枚。なんと年間180万枚ものブラジャーが、一枚一枚丹念に、手作業で作られているのです。女性の好みを考え用意された生地を型紙に合わせ丁寧に裁断。縫製は昔ながらのペダル式ミシンを使って行います。目にも止まらぬ早業で縫い上げ、カップの立体感を構築。さらに、速すぎて何をしているのか一見わからない工程も…。
高品質な国産ブラジャーを支える職人技の数々、お楽しみに!

【ひるブラ】サイト http://www4.nhk.or.jp/hirubura/


画像

目撃!日本列島「いつも心の傍らに 〜佐世保 深夜の食堂〜」

[全国放送]3月4日(土) [総合]午前11:30 〜 11:53

1月に「長崎人」で放送した佐世保の食堂物語が、全国放送になります。佐世保の飲み屋街にひっそりとたたずむ小さな食堂。戦後すぐに開店し、70年がたった今でも数人が交代で毎日24時間営業を続けています。夜9時から朝9時までのあいだ1人で店に立ち続けているのは、溝口美佐子さん、91歳。夜の食堂を訪れるお客さんの悩みや満たされない思いを受け止めてきました。人と人との繋がりが希薄になっている今、美佐子さんとお客さんのやりとりから、今も残る、あったかい気持ちの繋がりを見つめます。

【目撃!日本列島】サイト http://www4.nhk.or.jp/mokugeki/


※番組のタイトルや内容・放送日時は、都合により変更となる場合があります。
▲ ページの先頭へ