おすすめ番組

画像

平成30年 長崎平和祈念式典

[全国放送]生中継 8月9日(木) [総合]午前10:50〜11:50
[全国放送]生中継 8月9日(木)[ラジオ第1]午前10:35〜11:30(午前10:35〜10:55は県域放送)

原爆投下から73年となる8月9日、長崎市の平和公園から「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念 式典」の模様をテレビとラジオでお伝えします。
去年、ノーベル平和賞を、核兵器禁止条約の採択に貢献したICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンが受賞しました。核廃絶への動きが加速するのではないかと、被爆地長崎でも期待の声が上がっています。
その一方で長崎では、これまで核廃絶運動の中心を担ってきた、被爆者の谷口稜曄(すみてる)さんと土山秀夫さんが相次いで亡くなり、被爆体験をどう継承していくかが大きな課題となっています。
核兵器禁止条約の採択後、対立が深まる核保有国と非保有国の関係や核をめぐる北朝鮮の動向など世界が大きく動く中、被爆73年となる長崎からどのようなメッセージが発信されるかを伝えます。

中継 テレビ:黒氏康博アナウンサー ラジオ:渡辺健太アナウンサー


画像

長崎原爆の日
つなぐ 〜TSUNAGU〜

[九州地区]8月9日(木) [総合]午後6:10 〜 7:00
(午後6:45〜7:00は県域放送)

原爆投下から73年を迎える今年、被爆者の平均年齢は82.06歳と高齢化が進んでいます。一方、核兵器禁止条約の採択後も核廃絶の道のりは見えません。
被爆者の声をどうつなぐのか?日本と世界をどう「つなぐ」のか?
こうした「つなぐ」をテーマに長崎原爆の日から見える今を切り取ります。あなたの「つなぐ」は何ですか?
番組に、平和な世界へ「つなぐ」ためのアイデアをお寄せください。
「つなぐ」ために“いま、していること。将来したいと考えていること”。いただいたご意見は、番組中にご紹介します。
8月9日、九州の皆さんと“つながる番組”を放送します。
ご意見はNHK長崎放送局のHPにある投稿フォーム・ハガキ・FAXで受け付けます。

ゲスト:川崎 哲さん 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員

〒850−8603
NHK長崎放送局 イブニング長崎「長崎原爆の日」係 まで
FAX:095−826−9156


画像

ETV特集 シリーズ アメリカと被爆者 第2回
「赤い背中」が残したもの 〜「NAGASAKI」の波紋〜

[全国放送]8月11日(土・祝) [Eテレ]午後11:00〜深夜0:00
[全国放送]8月16日(木) [Eテレ]午前0:00〜1:00(再放送)

アメリカ人の「原爆観」を揺さぶっている本があります。アメリカ人作家・スーザン・サザードさんが執筆した「NAGASAKI」です。原爆の熱線で焼けただれた「赤い背中」を抱え奇跡的に生き延びたことで知られる長崎の被爆者・谷口稜曄(すみてる)さんとの出会いをきっかけに生まれたこの本は、被爆者たちの壮絶な体験と戦後の歩みが丁寧に綴られています。
3年前に出版され全米で大きな反響を呼びました。
いま、この本が意外な場所で熱心な読者を獲得しているといいます。
オハイオ州の大学の学生たちです。彼らは「NAGASAKI」に触発され、「原爆投下が戦争を終わらせるために仕方なかった」と考える従来の「原爆観」が正しかったのかどうか捉え直そうとしています。
被爆者たちの経験は今、アメリカ人にどのような印象を与え得るのか。現代アメリカの「市井の人々」の変化をみつめます。

語り:大竹しのぶ

【ETV特集】サイト http://www4.nhk.or.jp/etv21c/


   画像

ナガサキ 被爆の記憶 ―語り継ぐ、祈りの5分間。―

[長崎県域]7月23日(月)〜8月14日(火) [ラジオ第1・FM]午前11:55 〜 正午
※平日のみ放送、8月1日(水)は除く ※放送日は変更になることがあります。

被爆から73年。国の追悼平和祈念館に収められている原爆の体験記をNHKアナウンサーの朗読で放送します。被爆者が今を生きる私たちに書き残した貴重な体験に触れ、平和についてあらためて考えます。

※放送した朗読は、NHK長崎放送局のサイトでお聞きいただけます。
http://www.nhk.or.jp/nagasaki/


   画像

長崎原爆の日ラジオ特集
「平和を願い バトンをつなぐ 〜若者がたどる被爆者の人生〜」

[全国放送]8月9日(木) [ラジオ第1]午後9:05〜9:55

かつて小学校の講師を務めていた松永瑠衣子さん(26)は、子どもたちと向き合う中、被爆者の平和への思いが届いていないと感じ、被爆者2人の足跡をたどり、自ら感じたことも合わせて、本に記すことにしました。1人は原爆で家族を亡くしながらも被爆講話を続けてきた女性。もう1人は、自らが被爆者であることを隠し続け、家族の平和を守ろうとしてきた女性。
対照的な道を歩んできた2人の被爆者の人生を記すことで、「被爆の記憶」を継承し、自分と同じ若い世代に伝えようとする松永さんを追います。

語り:江原啓一郎アナウンサー

 
※番組は、ネットラジオ「らじる★らじる」でもお聴きいただけます。
【らじる★らじる】HP http://www.nhk.or.jp/radio/

なお、放送後も、8月10日(金)正午〜8月17日(金)正午の期間は、
お好きな時間に、皆さんのご都合に合わせて、パソコン・スマホから、
「らじる★らじる」の 「聴き逃しサービス」で お聴きいただけます。
【らじる★らじる 聴き逃しサービス】HP http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/


画像
<アンコール放送>

もういちど “長崎の原爆” をみつめる

[中国ブロック・九州・沖縄ブロック]8月4日(土) [総合]午前10:05〜11:17

今年4月に長崎で放送した番組を中国ブロック・九州・沖縄ブロックで放送します!
いま目前に迫る「被爆者なき時代」。 私たちはこれから被爆者の体験をどう生かすべきなのでしょうか。
3月、この疑問を胸に、米・ワシントン州の放射能汚染被害者と語り合うため、一人の被爆者と大学生が渡米しました。この旅に密着し、国境を越えて核廃絶に挑もうとする彼らの試みを見つめながら、スタジオでは、複雑で理解が難しい「核」をめぐる“いま”と“これから”をわかりやすく解説します。
原爆の問題に関心を持ちにくい人もこれを見れば「長崎の原爆」の全体像がみえてくる、そんな番組です。

スタジオ出演者:
チョン・ビョンドクさん(長崎大学教育学部教授)
片岡 安祐美さん(タレント)
パトリック・ハーランさん(タレント)
光岡 華子さん(長崎大学学生・長崎平和ユース)

スタジオ司会:渡辺 健太アナウンサー(NHK長崎放送局)


画像
<アンコール放送>放送時間が変更になりました

EXILE・TAKAHIROと長崎の原爆
〜秘められた親族の“被爆死”〜

[全国放送]8月11日(土) [総合]午前0:25〜0:50(※10日(金)深夜)
[中国地方では 11日(土) [総合]午前3:19〜3:44の放送となります。]

今年6月に長崎で放送した番組を全国のみなさんにお届けします!
若い世代から絶大な人気を誇るダンス&ボーカルグループ「EXILE」。ボーカルを務める長崎県出身のTAKAHIROには、秘められた家族史があります。大伯母の故・田口通子(みちこ)さんの人生の歩みです。長崎で被爆後、原因不明の「原子病」に苦しみながら、27歳で亡くなりました。
この春、第一子が誕生し父親となったTAKAHIRO。長崎にルーツを持つ者として、一人の親として、大伯母が生前に残した手記などをもとに悲劇の足跡をたどっていきます。この旅が終わった時、彼の胸に去来するものは何なのでしょうか。
人気アーティストの心の揺らぎを見つめながら、長崎に投下された原爆の現実を問い直していきます。


画像

Jリーグ ピースマッチ
「V・ファーレン長崎」対「サンフレッチェ広島」

[全国放送]8月11日(土・祝) [BS1]午後7:00〜9:00

平和を考える8月、2つの被爆地のチームが対戦します。
エディオンスタジアム広島より、熱い戦いを生中継でお届けします。

解説者:木村 和司
アナウンサー:曽根 優
ピッチリポート:森田 哲意(NHK長崎)

【ピースマッチ】サイト
https://www.nhk.or.jp/no-more-hibakusha/special/peace-match2018/
Jリーグ ピースマッチサイト


Jリーグ
「V・ファーレン長崎」対「鹿島アントラーズ」

[全国放送]8月15日(水) [BS1]午後7:00〜9:00

熱い戦いが続くV・ファーレン長崎、ホーム・トランスコスモススタジアム長崎に、J1リーグ優勝8回を誇る鹿島アントラーズを迎え撃ちます。
前回の対戦では1−2と惜敗したV・ファーレン。雪辱を果たし、上位進出への波に乗れるか。真夏の決戦、お見逃しなく。

解説者:宮澤 ミシェル
アナウンサー:小宮山 晃義
ピッチリポート:森田 哲意(NHK長崎)


画像

目撃!にっぽん
「背番号 その先に…〜高校球児の熱き“総選挙”〜」

[全国放送]8月13日(月) [総合]午後6:10〜6:45
[全国放送]8月19日(日) [総合]午前6:15〜6:50(再放送)

日曜日の朝にふさわしい、魅力的な「ひと」に出会うことができるヒューマンドキュメンタリー。ひたむきに今を生きる人々をクローズアップし、その生き方や魅力に迫ります。
今回は、長崎県佐世保市の九州文化学園高校野球部。甲子園へと続く県大会を前に、一風変わった方法でベンチ入りの20人を決めます。選手全員による“総選挙”です。部員は欲しい背番号に立候補し、「2分間スピーチ」で思いの丈を語ります。最後の夏にかける覚悟、仲間や家族への感謝…。実力に加え、人間性やチームへの貢献度をトータルで判断し、1票を投じるのがルールです。球児たちは選挙を通じて何を見出すのか。1票を巡るドラマを目撃します。

【目撃!にっぽん】サイト http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/


画像

第85回 NHK全国学校音楽コンクール 長崎県コンクール

[長崎県域]8月27日(月) [FM]午後2:00 〜4:00

7月26日(木)、27日(金)に行われた長崎県コンクールの様子を放送します。ぜひお聞きください。

※全校の自由曲を放送予定。詳しくはNコンのサイトへ。
【Nコン2018】サイト http://www.nhk.or.jp/ncon/


画像
<アンコール放送>

こころの時代 〜宗教・人生〜
「母なる神への旅 〜遠藤周作“沈黙”から50年〜」

[全国放送]7月29日(日)[Eテレ]午前5:00〜6:00
[全国放送]8月4日(土)[Eテレ]午後1:00〜2:00(再放送)

作家・遠藤周作が、長崎を舞台に、キリスト教弾圧時代の信仰を描いた小説『沈黙』。刊行から50年以上、海外にも多大な影響を与え、ハリウッドでの映画化も話題となりました。
宗教の対立が世界を揺るがす現代、人々の祈りに神はいかに寄り添うのでしょうか。『沈黙』が描く日本特有の信仰の姿、いま静かにやさしく語りかける潜伏キリシタンの祈りとは。
山根道公さん(ノートルダム清心女子大学教授)とともに、物語を読み解きます。

(2015年11月27日にお届けした番組のアンコール放送です)


※番組のタイトルや内容・放送日時は、都合により変更となる場合があります。
▲ ページの先頭へ