2015/09/30(Wed) 10:30秋の橋を巡る旅♪

『ゆる~り談義』のコーナーでは、
長野郷土史研究会 青年部長の
小林竜太郎(こばやし・りゅうたろう)さんが生出演!
小林さんは、善光寺と門前町の様子を描いた
絵図を使った絵解きを紹介しています。
各地に伝わる伝説を紹介していますが、
9月29日は鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)の
善光寺参りについてでした。
 

小林さんの絵解きは、
本当に旅をした気分になります♪
善光寺には「七」にまつわるお話がいくつかあります。
寺・池・神社・清水・小路など…
9月29日は「橋」についても紹介しました。

①鶴ヶ橋(つるがばし)
②花相橋(はなあいばし)
③駒返橋(こまがえりばし)
④淀ヶ橋(よどがはし)
⑤独寝橋(ひとりねばし)
⑥積善橋(せきぜんばし)
⑦筋違橋(すじちがいばし)
⑧応田橋(おうたばし)
⑨阿弥陀橋(あみだばし)
⑩地獄橋(じごくばし)

「七橋」なのに、10もあるのは
文献によって7つの選び方が違うからなんです!
いろんな名前の橋がありますよね。
その中でも「地獄橋」はちょっと怖い名前ですね(笑)
これからの紅葉シーズン、
いろんな橋を巡る旅に出かけるのもいいですよね★
皆さんいかがでしょうか?

sg_09301.jpg

またスタジオで絵解きを聞かせて下さい!
穏やかな笑顔の小林竜太郎さんでした。
 

投稿者:杉山綾佳 | 

ページの一番上へ▲