2022/07/29(Fri) 15:36読書感想文を書いてみよう

皆さん、こんにちは。

気象予報士の佐藤です。

 

生徒の皆さんはもう夏休みでしょうか。

いいですね。

私の将来の夢は高校生です。

 

きょうは生徒になりきって

夏休みの宿題に取り掛かりたいと思います。

 

夏休みの宿題と言えば

 sato0729-1.jpg

 

そう、読書感想文ですね。

 

 何を読もうかなー。

皆が見たことあるものがいいよねー。

 

よし、これにします!

 sato0729-2.jpg

 

ペットボトルのお茶のラベルを読んで

         3年2組 佐藤可奈子

 

この作品は、海に似ている。「読む」というより「眺める」人が多いと思うからだ。

 sato0729-3.jpg

 

私も眺めていただけの1人なので、主人公の名前くらいしか満足に把握していなかった。しかしこの作品には、主人公のこれまでの功績や性質などを、あらゆる角度から丁寧に記してある。

「限られた文字数で主人公の全てを語り尽くそう」

という、筆者の深い覚悟に満ちているのだ。だからこそ私たち読者は、遠くの海を眺めるように目を細めるのかもしれない。

 

しかも、

「必要なときに、読んでもらえればいい。」

という謙虚さも伝わってくる。人も言葉も押しつけがましくてはいけない、そんなことをこの作品から学んだように思う。

 

静かにたたずんでいるけれど、ひとたび足を踏み入れればその膨大な情報量に思わず

「お~い」

と叫びたくなる作品であった。

 sato0729-4.jpg

 

 

 

以上です。

ペットボトルのお茶のラベルについても

感想文は書けるものですね。

 

 

 

なぜか一句詠みたくなってきました。

へばりつく ざるにそうめん ソファに背

 

 

 

皆さんも水分補給をしっかりして

夏を満喫してくださいね!

それではまた!

投稿者:佐藤可奈子 | 

ページの一番上へ▲