2021/06/21(Mon) 14:00大人の寝相アート

皆さん、こんにちは。
突然ですが「寝相アート」ってご存じですか?

子供の寝相を活かして、周りに小道具を配置し、
誕生日などのお祝い写真にすることです。

20210621stu01.jpg

ただ、子供が途中で起きてしまうなど、
思い描いた通りにするのはなかなか大変なようです。

そこで、私は思い立ちました。

大人でやればいいじゃん!

というわけで、今回は大人の寝相アートに挑戦した
私の誕生日の過ごし方をさらします。ご紹介します。

必要なもの
・誕生日の大人(年齢・性別不問)
・一緒に写りたい小物
・スマートフォンやカメラ
・楽しもうという気持ち

20210621stu02.jpg

あると良いもの
・イメージ図
・三脚

ちなみに私のイメージ図はこんな感じです。

20210621stu03.jpg

HAPPY BIRTHDAYの文字とともに梅雨前線で縄とびをしている
季節感と躍動感に溢れた寝相アートになる予定です。

そのキャンバスとなるのがこちらの床なんですが
床にそのまま寝るのも芸がありませんね。

20210621stu04.jpg

かといって布団ではアートが収まりません。

どこかにもっと巨大な布はないものか…

20210621stu05.jpg

20210621stu06.jpg

20210621stu07.jpg

あるね!

というわけで迷いなくカーテンを取り外し床に敷きました。

次に、カメラの位置を決めて画角を確認します。
フレームに収まるギリギリの所に目印となるものを置いていきます。

20210621stu08.jpg

※この時、テレビのリモコンやスマホを目印に置くのはやめましょう。
 いつの間にか自分の手の中にあります。

20210621stu09.jpg

あとは好きなように小物を配置していくだけです。
私はかなりイメージ図に近いものができましたよ。

20210621stu10.jpg

かなりごちゃついていますが、これでも厳選しました。
裏テーマが
・夢
・これまでの人生
なので、最近見た夢の再現をしたり、懐かしい思い出の品を並べたりしています。

20210621stu11.jpg

20210621stu12.jpg

20210621stu13.jpg

ちなみに、縄跳びを梅雨前線にするのが一番面倒でした。
同じ紫色のペンがクレヨンしかなかったので
悪事ではないですが、手を染める結果となりました。

20210621stu14.jpg

そんなこんなで、実際に寝てみた完成図がこちらです!

20210621stu15.jpg

でかい!
入った途端に「狭っ!」と思いました。

しかも寝ながら調整せねばならない小道具が多く
撮り始めるまでに時間がかかります。

20210621stu16.jpg

さらに、撮った写真を確認すると
頭が文字にかぶっていたり、
寝相が不自然だったり、
前線がひっくり返っていたり…。

20210621stu17.jpg

ようやく納得のいく1枚が撮れた時には、
もうカーテンを戻さなくてはならない夕暮れ時でした。

今回、寝相アートをやってみた感想はズバリ、
「起きてる大人が1人でやることじゃない」です。

こちらが撮り終えたあとのリアルな大人の表情です。

20210621stu18.jpg

いかがでしたか?
こんな32歳児もいるんだぞと誕生日に見せつけることで
私はだいぶ生きやすくなった気がします。

それではまた!

投稿者: 佐藤可奈子  | 

ページの一番上へ▲