2022/02/18(Fri) 11:001年でのJ2復帰なるか 松本山雅

スポしん担当の瀧埜です。
お腹が空いたので、またケチャップで描きました。
ケチャップで描くよりも薄焼き卵を焼く方が
大変だとは思いませんでした。

220217takino02_01.jpg

これはもちろん、ライチョウです♪
食べすぎたハトでもアヒルでもありません。ライチョウです。
ライチョウといえば!
サッカーJ3松本山雅のキャラクターのモデルになっています。
ということで今回は、先月取材した、
山雅の今シーズン初の全体練習を振り返ります!

 

※以下は先月24日に取材、スポしんで放送しました。
山雅にとって、1年でのJ2復帰を目指す
重要なシーズンの幕開け。
雪は積もっていませんが、終始冷たい風が吹きつける非常に寒い日でした。

220217takino02_02.jpg

今シーズンも山雅を率いる名波浩(ななみ・ひろし)監督。
1月上旬に行われた新体制発表では、
「選手たちを相当走らせる」と宣言していました。

220217takino02_03.jpg

J3で勝ち抜くための体力を養おうと、さっそく10kmの走り込みが行われました。

220217takino02_04.jpg

チームに新加入、または復帰した選手の中でこの日インタビューに応じたのは、
ミッドフィルダーの
山本龍平(やまもと・りゅうへい)選手です。
昨シーズンは期限付き移籍により長野パルセイロでプレー。
今シーズン、山雅に復帰しました。

220217takino02_05.jpg

J3には90分間走り続けられる選手が多いと身を持って感じた山本選手。
「走れる準備をしっかりして、自分の良さである
サイドをしっかり崩してクロスを上げることを
開幕に向けて準備したい」と話しました。

 

そして名波監督は、

220217takino02_06.jpg

「山雅らしさを前面に出して、90分間走り切る、
球際をしっかり競り合う、ゴール前に体を投げ出す、
仲間どうしが年齢・キャリアに関係なくしっかりと
ディスカッションしあう、そういったものを日頃から出していく」。
と新たなチーム作りへ強い決意を述べました。

 

山雅は、16日から鹿児島県で2次キャンプを行っています。
再びJ2の舞台へ返り咲くことができるか?
来月13日にアウェーで開幕戦を迎えます!

 

※先ほどのライチョウは羽にチーズをのせて冬バージョンにしました♪
(レンジでケチャップが少し爆発しましたが、おいしかったのでよし!)

220217takino02_07.jpg

投稿者: 瀧埜ひとみ  | 

ページの一番上へ▲