2019/02/02(Sat) 10:00福俵曳き②

年始にお邪魔した安曇野市の伝統行事、「福俵曳き」での様子を2回に分けてお届けしています。

20180201tmr01.jpg

水につけたりしてひいてきた福俵は、およそ80キロにもなるといいます。
10:30、新田公民館の前に戻ってきました。
ここで、この祭りが奇祭と呼ばれる理由のひとつが。

20180201tmr02.jpg

なんと、組体操のようにして人間のやぐらを作るのです。一番下には…男性の姿が。

20180201tmr03.jpg

男性3、4人を土台にして5段のやぐらになるよう、どんどん上に人が乗っていきます。

20180201tmr04.jpg

敷かれているのは、50代から60代の区の役員です。福俵に敷かれると福をもらえると言われているそうですが、大丈夫なのでしょうか…?

20180201tmr05.jpg

子どもたちも、固唾をのんで見守ります。お父さんたち、かっこいいね!

20180201tmr06.jpg

ついに両区のやぐらが出来ました!すごい迫力です!区長さんもパシャリ。

20180201tmr07.jpg

そして福をたくさん集めた福俵は、ことしオープンという奉納先のお店へ。

20180201tmr08.jpg

やっと着いた~!と思っても、すぐに奉納とはなりません。
福を招き入れたい、という奉納先と、苦労して集めた福をそう簡単に渡してたまるか、という若衆が、福の引き合いをするのです。

20180201tmr09.jpg

引き合いの末、無事に奉納。福俵曳きは幕を閉じました。

20180201tmr10.jpg

新田区誌より

江戸時代から続いていると言われている安曇野市豊科のあめ市、福俵曳き。
ことしも、五穀豊穣(ごこくほうじょう)や家内安全を祈って盛大に執り行われ、バトンは次の親方へ。

20180201tmr11.jpg

写真右は、ことしの親方の太田恭輔さん。
左は、来年、親方を務める予定の松澤平(まつざわ・たいら)さん。
また来年も、地域を元気に盛り上げてくださいね!
ここまで読んでくださった皆さんも、福がいっぱいの1年になりますように。

投稿者: 田村有葵子  | 

ページの一番上へ▲