2020/07/31(Fri) 19:00極め人 寺澤森秋さん

今回のゲストは、この方

200731tnk01.jpg

着物の模様絵師、寺澤森秋さんです。

長野市出身の寺澤さん。

地元に着物工場が多かったことから、小さい時から着物作りに興味を持ったそうです。

 

特に、鮮やかな色彩と自由で豊富な模様を施す江戸手描き友禅という着物作りに魅了されます。

 

高校を中退し、長野市や東京の日本橋で修業を積んで、24歳で独立。

それからおよそ半世紀。73歳になった今でも精力的に着物作りに取り組んでいます。

200731tnk02.jpg

これまでに生み出した作品はなんと3万点以上。

それを支えているのが豊富な練習量と好奇心。

若いころは1日20時間も作業場にこもり、技術を磨いたといいます。

まだ足りない技術は自分の師匠以外の工房に出向き、テクニックの幅を広げていきます。

 200731tnk03.jpg

着物作りの工程は20ほどあり、普通は分業制だそうですが、

デザインに関しては、アイデア、デザイン、色付け、仕上げなどを一人で担うことを可能にしました。

200731tnk05.jpg

「お客さんの要望や、自分の思い通りの作品に仕上げるのは、最後まで自分が納得いくまで挑みたいから」

と、キラキラした目で熱く語ってくれました。

200731tnk06.jpg

【誰にも負けたくない、誰より練習、もっとうまくなりたい】

 

10代の頃の情熱を70代でも色あせることなく燃やし続ける寺澤さんのお話は人生100年時代を生きる

私たちのヒントにもなりそうです。寺澤さんの生み出した美しい着物の映像とともに、ご期待ください。

放送は8月3日(月)のイブニング信州です。
iv2020.jpg

投稿者:田中寛人 | 

ページの一番上へ▲