2019/08/20(Tue) 16:30信州すてき旅9ブログ ~上田の旅②~

ある日家に帰ったら、誰もいないはずなのに窓から明かりが漏れていたーーー
静まりかえった部屋に入るとどこからか流れ落ちる水音が聞こえてくるーーー
なぜならばうちは……。

20190820skmt01.jpg

『ミステリースポット』だったのです。

んなわけはなく、消すのを忘れた電気が外から見えたのと、トイレのタンクが不調で水がなかなか止まらなかっただけ、なんですけどね。
消し忘れたとわかっていても、誰もいないはずの部屋の明かりはドキッとします。

 

さて、写真の『ミステリースポット』と書かれた石、足形の下のモザイクをはずすとこうなります。

20190820skmt02.jpg

『ローマン橋』とありますね。

これが信州すてき旅 上田編のお題「音が聞こえる“日本一”を探せ!」の答えなんです。
『上田ローマン橋』は長さ日本一のローマン橋、上信越自動車道にかかる橋です。

20190820skmt03.jpg

この橋のどこにミステリースポットがあるかというと、橋ではなく橋の下にあります。

20190820skmt04.jpg

アーチ状の壁に、橋の下を流れる川の音が反射して上から音が降るように聞こえてくるというミステリースポットなんです。
音が聞こえる場所はとても限られているのですが、さきほどの石の上に乗ればバッチリ聞くことが出来ますよ。

さて、この旅で、残念ながら“尺の都合”で放送できなかった話題はこちら。

20190820skmt05.jpg

上田市内の路地裏を歩いていると、そこには衝撃の風景が! 
『花やしき』って浅草じゃないの?

20190820skmt08.jpg

ほら浅草ってあるし……。てか上田にストリップ劇場??

20190820skmt07.jpg

だからここは上田ですよね……?

ご存知の方も多いかもしれませんが、これは劇団ひとりさん監督(原作と脚本も)大泉洋さん主演の映画『青天の霹靂(へきれき)』のセットです。実際に見ていただけるとわかりますが、路地の雰囲気ととても合っていて「なぜ浅草なんだ」とか「雷門?」とか細かいこと言わなければ「よく残っているなぁ」って、上田の風景として認識しちゃいますよ。

ちなみに入り口のところにある2本の立派な柱もセットです。近所の人に「見た目ではわからないと思いますが、たたいてみるとすぐにわかりますよ」と言われたので小突いてみたら、見た目からは想像も出来ないコンコンという軽い音が!ここでも音に驚かされました。


今回の旅は珍しく音がテーマ。普段当たり前に聞いている音でも、そこから何かを見つけようと意識的に聞いてみるといろいろな音が聞こえてくるーーー
そんなことに気づかされた旅でした。
まぁ、お題の答えは考えてもわからない音だったんですけどね(笑)

以上、“忘却力”が働く前に上田の旅を締めくくることが出来てほっとしている阪本篤志(72.2微増)でした。

投稿者:阪本篤志 | 

ページの一番上へ▲