2019/03/08(Fri) 11:00信州すてき旅7ブログ ~泰阜村①~

早いものでもう3月。信州の山々に雪は残っていますが、朝晩の寒さは緩み、日も延びて春の訪れを感じています。どうしてなんでしょうね、冬が始まった頃は早く暖かくなってほしいと願ったのに、春を感じると「ちょっと早くないか?」と思ってしまうのは…

なんて問うてみても、それは時間の使い方が下手で、今の季節を楽しみつくす前に次の季節が来てしまうから焦っているだけと答えは出ているんですけどね。

と、数日前にこんな↑ブログを書きはじめたからでしょうか?けさの長野市内は……。

20190308skmt01.jpg

「春は名のみの 風の寒さや」で始まる『早春賦(そうしゅんふ)』(作詞 吉丸一昌/作曲 中田章)は大町や安曇野あたりの遅い春を歌ったということですので、同じ信州の長野市がこの状況でも不思議じゃないと言えばそれまでですが、「風の寒さ」どころではなく雪が降っちゃってますよ。

過ぎゆく季節を惜しんでいた自分(72.4ほぼMAX)にとっては喜ぶべき雪なので、このタイミングで信州の冬の楽しみをご紹介します。まずはこちら!

20190308skmt02.jpg

今年の野沢菜漬けはこんな感じに仕上がりました♪
“♪”をつけてはみたものの、実際は見た目ほどの味ではなく点数にしたら62点くらい。
そこそこの日数漬けたんですが、水が上がるのが遅かったせいか、漬かりが浅く発酵も弱い感じでした。しかもしょっぱかったので途中で日本酒やみりんを足して味を整えた、というか塩抜きをしたような感じです。そのため良く言えばさっぱり、ストレートに言えばうま味が弱い味に。

納得のいく味ではありませんでしたが、自己採点で60点超えていたら配ってもいいかと思い、職場の希望者に食べてもらいました。おいしいと言うだけじゃなく「日を置いたら酸味が増してきて味の変化が楽しめた」という感想ももらえたので、家庭の味である本漬けのおもしろさを伝えることが出来たかなと満足しています。

次回は、塩と呼び水の量についてもっと情報収集した上で漬けて、うま味の強い野沢菜漬けを配れるといいんですけどね。
それにしても大根や白菜と違って基本的には1年に1回しかチャレンジできない野沢菜漬けをマスターしている地元の人たちは本当にすごいと思いますよ。

野沢菜漬けの神髄にふれるため…ではなくて、スノーボードと温泉、そして地元の知り合いとの飲み会会食を楽しみに野沢温泉村に行ってきました。

20190308skmt03.jpg

この日は地元の人も珍しいというくらい晴れ渡っていました。
雪の状態もよく、今シーズン初滑りだった僕にとってはこの上ないコンディションです。リフト待ちが嫌で、あえて平日に休みを取って行った甲斐(かい)あってお客さんは少なめでしたが、その分、海外からのスキー客がとても目立ちました。

白馬と並んで世界中から観光客が訪れるというだけあって本当に多いですね。リフトでも一緒になりましたよ。4人乗りのリフトに日本人は僕1人、オーストラリアから来たであろう人たちが3人。リフトが動き出して、ゲレンデの上に出たらそのうちの1人がいきなり大きな声で「アメイズィン!」。それを横目に僕は「あぁ、感動すると本当にAmazingって言うんだなぁ」としみじみ。しばらくして、彼らの仲間がリフトの下をスキーで通過すると、今度は3人全員が「フゥ!フゥ!○△※×~(聞き取れず)」と大盛り上がり。ちなみにこのフゥはあれです、裏声というかすごい高いフゥで、カラオケでアンルイスさんの『あゝ無情』(1986)でよく聞くかけ声みたいなFUです。(僕はしませんが)。もう少し新しいところで言うと氣志團(きしだん)の『One Night Carnival』(2001)にも出てくるようなフゥです。←新しいと言っても20年近く前なのね……もう少し近いかと思っていました(^_^;)
それはさておき英語に自信があればこういうところで国際交流も出来るのでしょうが、聞き取ることすら出来ない僕は心の中で独りツッコむ”悲しきアジアンボーイ”でした。

と、冬の話題を書きましたが、ぼちぼち表題の信州すてき旅に話を移しましょう。
季節はさらにさかのぼって秋。旅の舞台は泰阜村(やすおかむら)。お題は『あーっつと!こんなところに』でした。

20190308skmt04.jpg


柿と水車です。“ニッポンの原風景”とか”ふるさとの風景”とかそんな言葉がぴたりと当てはまる感じがしませんか?

20190308skmt05.jpg

この水車、上から流れ落ちてくる水によって回転していますが、何のために回っているのか、回転することによって生み出された力はどこに伝わっているのかは……謎です。

例のごとく、いや、いつも以上に本編より前フリの話の方が長くなっていますが、詳しくはまた次回書きたいと思います。

本編がこれだけなのになぜブログをアップしたか、ですか?
それは、3月分の放送が来週月曜日に控えているからです(笑)※11日の『イブニング信州』内。ちなみに場所は上田市です。
こないだ2月分放送したばかりだと思っていたんですが、ホント月日が経つのは早いなぁ~ (´・艸・`;)

投稿者:阪本篤志 | 

ページの一番上へ▲