2018/11/30(Fri) 18:00信州すてき旅5ブログ ~小海町・南牧村②~

ちょっと怖い話を書いても良いですか?
ここ1年くらい、理由はわかりませんがよく眠れない日が続いています。この日も風呂で身体をほどよく温めてからベッドに入り、睡魔の訪れを待ちました。そのうちに、すーっと眠れそうな雰囲気を感じウトウトしてきたら、何やら音が。頭の後ろの方で、ブツブツという小さな音が聞こえてきたんです。
雨か?いや、チリチリという音もするんだけど…って、なんかコゲ臭くないか?

20181130skmt01.jpg

えぇ、枕元のスマホがうっすらと煙を出していましたよ。燃えたのではなく充電器と繋ぐ部分が溶けたようですが。隣には読みかけの文庫本も置いてあったので、熟睡していたらかなり危険だったかもしれません。眠りが浅いことは喜ばしいことではありませんが、時には良いこともあるんだなと思いました。体重も現在70.9kgとなかなか減りませんが、今後この重さに助けられることもあると思い…………ませんが、思いたい。
ちなみに翌日携帯ショップに行き、過充電や高温を防ぐ充電器に買い換えたので今後は大丈夫のはずです。

さて、今回の旅のお題は「日本一の丸の前で手をたたけ」でした。前回のブログで紹介した小海町の清流ふれあい橋周辺で、丸いものはないかと聞き込みをしていると、『君の名は。』が大ヒットした小海町出身の新海誠監督ゆかりの湖が丸いかも?という話があったので行ってみました。

20181130skmt02.jpg

松原湖です。まぁ、丸いと言えば丸いのですが、ちと強引ですね。しかし、ボート乗り場へ行ってみるとこんなものが!

20181130skmt03.jpg

どうやら『こだま岩』というものがあるようです。岩の名前からして何となく丸そう(笑)どうでもいい話ですが、この文章を読み上げるときそのまま読むべきか「こだま岩という精霊 の 宿る岩」もしくは「こだま岩という精霊を宿 す 岩」と言い換えるべきか、そこそこ悩みました。結局、読み上げるのならそのままの方が良いだろうと思い、元の文章を小声でもにょもにょ伝えるという、なかなか若い人にはマネできない高等テクニックで乗り切りました( ̄ー ̄) ドヤッ! 

ボートに乗ってこだま岩を探したんですが、まぁ見つからない。それはそうですよね。湖の中の岩ですもの。この日はそれまでの雨で水がややにごり気味&湖面が波立って光が反射してしまい見づらいのなんの。結局、レンタルボートのお店の人に教えてもらいながら1時間か1時間半くらいかけてようやくたどり着くことが出来ました。精霊が宿ると言われるこれがこだま岩です!

20181130skmt04.jpg

どうですか?と言われてもリアクションに困るとは思いますが、これを湖で見つけると相当うれしいですよ。1時間以上かけて探せばなおのこと(笑)例のごとくこれが正解ではなかったわけですが、今回はこれが正解でも良いと思いましたね。あんまり知られていなさそうだし(失礼!)なにより苦労して見つけましたしね。正解はまた次回!

投稿者:阪本篤志 | 

ページの一番上へ▲