2018/11/02(Fri) 18:00信州すてき旅4ブログ ~白馬一帯③~

旅に季節感はつきもの。と言いますか大切な要素ですよね。信州では吹く風も冷たくなり、けさ(11月2日)は氷点下まで冷え込んだところもありました。ブログが途中だった白馬一帯の旅のときは、ふらりとお邪魔したバーで生ビールを飲んだんですよね。「やっぱり暑い日は生ですねー」なんて言いながら。

20181102skmt01.jpg

それもそのはず、ロケは7月の終わりでした。冷涼な白馬も今年ばかりは暑い日が多かったそうです。ちなみに長野局で僕(70.8)の机がある場所は、階段から冷たい風が降りてくるところなので、今の季節、階上のドアを開け放して荷物の出し入れなどが行われると冷気がすべてこちらにやってきます。僕の身体から熱を奪って少しは温度が上がったであろう空気は、続いて隣の宮崎くんを襲います。寒さが苦手な宮崎くん、昨日はダウンを着てパソコンに向かっていましたよ。なんて、話が寒い方へ行ったり暑い方へ行ったりしていますが、今回は暑い方に舵を切って白馬一帯の旅をちょっと振り返ります。

このときの旅のお題は「真夏の夜会に参加」。お題の答えを探るだけではなく、その地域の魅力を伝えるのが『信州すてき旅』です。夏の白馬には大自然を楽しむようなアクティビティがたくさんあるので僕も体験してきました。この“逆バンジー”とも呼ばれる、ゴムつきトランポリンは写真のように結構な高さまで飛び上がることが出来るので、山に囲まれたこの場所では(写真からはわかりませんが)景色が素晴らしいんですよね。もちろん、ゴムとトランポリンで飛び上がる楽しさもありますが屋外で景色や空気を全身で感じる爽快感がたまりません。

20181102skmt02.jpg

撮影ということもあり、何度も飛び上がったせいか、次の日は筋肉痛でした。この筋肉痛、次の日どころか数日間続きまして、肩が痛いのならわかるのですが(←ゴムをつけているので)なぜか腹筋が痛いんですよ。その理由が知りたくて「逆バンジー 筋肉痛 腹筋」などのことばでネット検索したんですが、これだというものは出てきません。
なんで、びょんびょん飛んだだけで腹筋が痛いんだろう?年のせい?いやそんなはずはないでしょう…そのうち腹筋の痛みも、その原因を探っていたことも忘れたんですが、このブログを書くためにディレクターから写真をもらって思い出しました。

20181102skmt03.jpg

あー、そう言えば回転に挑戦したんでした。2~3度しか出来ませんでしたが、“フン”って、鼻息荒く気合いとともに腹筋に力を入れて回りましたよ。原因がわかってようやくスッキリ。ま、この場面、実は放送では流れなかったんですけどね(苦笑)

投稿者:阪本篤志 | 

ページの一番上へ▲