2018/01/05(Fri) 16:15わたしの年末年始

20180105s1.jpg

2017年12月31日午後3時半神奈川県の小田原に、その1時間後には本厚木にいました。
なぜか?
忘れ物を取りに行ったんですよね。小田原と本厚木の2カ所に。

30日に帰省しまして、小田急線沿線のある駅で家族と待ち合わせをしたんです。
電車を降りて手袋をしようとしたら片方無い…
よりによって左の方が。

みなさんは手袋を無くすとしたらどちらが良いですか?
そもそも無くさないよ!とか無くしたくないよ!とかはナシで。あくまで無くす前提で。
僕は圧倒的に右手ですね。って力強く言うことでもありませんが、右利きなので右の手袋を外して何かするということが多いんですよ。だから極端な話、右側は無くても何とかなるというかそんなに気にならないかと。
でも無くしたのは左手。まぁ、得てしてそんなものですよね…

で、改札を出て家族に会ったら、出て来るのが遅かったけど改札の場所がわからなかったかと聞かれたので、手袋が無かったのでいろいろなポケットを探していたと言ったんですよ。
そうしたらなんと一足先に実家の家族と合流していた妻も手袋を無くしたというんです。
ちなみに右手の方を。
「残った手袋でちょうど1組出来るから良かったね♪」という話では無く、
アホかと。
夫婦で別行動していたのに数十分の間にそれぞれが手袋を無くすって…
「一緒にいなくてもすることは同じ♪」とか「相性が良いね♪」とかでもなく、
夫婦そろってアホかって話ですよ。

妻は電車の中で落としたことが濃厚だったので、夜、鉄道会社に問い合わせたらすぐにわかり、本厚木の駅に保管されていると。
僕の方はそんなに思い入れが無いもの(去年、スポーツショップにスノーボード関連のものを買いに行ったら、ウソかホントか5000円の手袋が500円!と1割で販売していたのでつい買ってしまったもの)だったし、どこで無くしたか分からなかったので、一度はあきらめたのですが、念のため鉄道会社に電話してみたらこちらもあったんですよ。こっちは小田原駅に。

どうやら2つの手袋は共に乗客からはスルーされ、それぞれ終点の駅で駅員さんに拾われて、保管してもらったようです。
確かに誰が使っていたか分からない片方だけの手袋を持って行く人もいなければ、届ける人もいない、まぁ、当然と言えば当然ですし合点のいく話ですね。ちょっと寂しい気もしますが。
鉄道会社の話では、忘れ物を取りに行くための電車賃はかからないということで、専用のチケット(笑)をもらって2つの駅で受け取って帰りました。あくまで忘れ物を引き取るためのものなのでその駅で降りることは出来ません。が、帰りの駅は乗った駅とは違う駅でも構わないということで用事があった新宿にしました。
往復2~3時間費やして小田原と本厚木まで行ったのに観光もせずに残念だったとは思わず“夫婦で電車の旅を楽しんで新宿までの電車賃も出してもらえて至れり尽くせり♪”くらいに2018年はポジティブシンキングで行きたいと思います。
この話自体は去年のことですが、そんなことも気にしないくらいにポジティブに(笑)

年末年始、こんなことがあったよ~と誰かに伝えたいあなた!
うってつけの番組がありますよ。

yururi.jpg

『ゆる~り信州』今年のスタートは1月9日(火)です。
お便りテーマは『わたしの年末年始・ことしの目標』です。
珍しくお題を2つにしてみました。そのココロは、そこそこ限定的なテーマなので、1つだと週の半ばでお便りが尽きてしまいそうだから(汗)
今年も本音ベースでお伝えしていく阪本篤志(73.1←正月太り)です。
では、2018年もNHK長野放送局&長野局のアナウンサー・キャスターをどうぞよろしくお願い申し上げます。
※前回の続きはまた近いうちに!

投稿者:阪本篤志 | 

ページの一番上へ▲