2018年12月13日

信州すてき旅5ブログ ~小海町・南牧村③~

最近、革靴を履きやすくすることにハマっている阪本篤志(71.2)です。これまでは、革が固かったりサイズが微妙に小さかったりして履くと小指が痛くなるので履かない→履かないから革が柔らかくならない→革が固いから…の無限ループだったわけです。調べて見たら世の中には革を柔らかくするクリームやら靴の幅を広げる専用の道具やらいろいろあるんですね。これまで、革が固いのならば柔らかくなるまで根性で履き込むしかないと思っていたのは内緒です。(昭和脳かっ!)ちなみにけさも固いブーツにしっかりクリームを塗り込んで出勤しました。クリームを塗った靴で歩けば革が伸びて快適になるに違いない、と思いきや、革に染み込む前に履いてしまったようで、クリームは靴下へ。ええ、もちろん快適どころか湿った感じがそこそこ心地悪いですよ。うへぇ。

で、本題ですが小海町・南牧村の旅、お題「日本一の丸の前で手をたたけ」正解はこちら。

【続きを読む】

投稿者:阪本篤志 | 投稿時間:18:00 | カテゴリ:阪本篤志 | 固定リンク

ページの一番上へ▲