信州鎌(しんしゅうがま)

今回は武田信玄と上杉謙信が戦った川中島の戦いの際、越後から刀かじの技が伝わったのが始まりとされる「信州鎌」の職人の技を紹介します。

職人のご紹介

鎌作り56年
山崎利敬さん (信濃町)

刈った草が手もとに寄ってくれること、薄いけど丈夫だということ…これは信州鎌には絶対的な条件ですよね。
昔の人の作った鎌っていうのはね、すべてにこう行き届いた、神経の行き届いた鎌だなぁって感じますね…
少なくとも、そこまで行きたいような気がするんだよね。



<熱した鎌を広げる作業>
赤めた鉄を鎌の形にうち広げる。

下手にたたいてしまうと薄いところと、
厚いところのムラが出てしまうが、
その厚さは見た目や、たたいている音と、
手に伝わってくる振動で感じている。


<手鎚でたたく>
厚みを均一にするには熟練の技が必要。
何回もたたくことで強い鎌ができる。


<鎌の形を仕上げる>
手鎚でていねいに仕上げていく。
「そり」と「ふくらみ」は信州鎌独自のもの。

<鎌の表面に泥を塗る>
“焼き入れ”の時に泥が均一に鎌を冷やす。

<焼き入れ作業>


<熱した鎌を水にいれる>

山崎さんコメント───
「昔、お魂入れって言ったもんだ…
魂を入れる…硬くならないと草を刈っても、
何やってもダメになっちゃうからね。だから、
硬くするために、焼き入れするんです。
命を入れるとこさね。」


<研磨作業>

<刃を柄に取り付ける>
飾りの布を付ける。

<完成>

「信州鎌」の持つ「そり」と「ふくらみ」が草を根本からキレイに刈ることができ、さらに刈りとった草が手もとに寄ってくるようになっているため作業がやりやすいと言うことです。

【問い合わせ先】
山崎 利敬(やまざき としたか)
電話:026-255-5128

放送一覧